初めての稚内

旅は非日常の楽しさと言われるが、初めて訪れる旅は更に印象深く、思い出も楽しいものになります。

今回初めて北海道最北端の稚内に行ってきました。人口はここ数年さらに減って3万3千人になってしまったが、この地域ではそれでも中心都市です。

札幌から高速バス往復の旅で12,200円、片道5時間半の旅です。一泊二日の短期旅行でも、稚内周辺を回るにはレンタカーは必須です。(北海道は広いからレンタカー必須です)

先ずは防波堤ドームを見に行った。
防波堤なのか?モニュメントなのか?なかなか味なことをするもんだ。
更にノシャップ岬まで行ってみた。

 

根室の東端は納沙布岬だが、こちらはカタカナのノシャップ岬です。でも語源(アイヌ語)は同じなのかも知れない。

シーズンオフなので人気ひとけはなく、緑野も枯野となってます。

空港近くの大沼に野鳥観察館があるというので、行ってみました。

ここでは白鳥に餌付けをしているようで観察館の前だけに、オオハクチョウやオナガガモ、ヒドリガモのなどが集まっていました。
北海道では珍しくも無い湖沼の鳥達です

観光化すなわち世俗化した野鳥公園ですが、野鳥マニアでなければ楽しめるところでしょう。秋の渡りの季節は1万羽の鳥が来るそうです。

間宮林蔵はここから船出した

稚内の最北端、宗谷岬へも行ってみました。ここは間宮林蔵がサハリンへ冒険に出た地です。石碑が立っていました。

観光地の宗谷岬はその先です。

この日、海は猛烈な風でした。立っていられないほどの風に防波堤にしがみついているウミガラスを見つけました。

さて、翌日は猿払さるふつまで足をのばし、ホタテを試食することにしました。道の駅 さるふつ公園にはホテルやキャンプ場、パークゴルフ場などがあり、まるごと館(小松水産)では試食やお土産を買い求めることが出来ます。

ここで食べたホタテの刺し身[活き造り]は本当に美味しかった

猿払は世界一のホタテ生産地です。以前TVで見たことがありますがホタテ養殖の計画生産に成功し、資源を枯渇することなく順調に生産しつづけるようになったとか。

ホタテ生産は中国から輸入拒絶で痛手を被ったとのニュース。
さぞや大変だったことだろうと思いきや、他の国へ輸出は順調なようです。
ホタテの猿払の街は国道238号線に新しい家々が軒を並べています。俗にホタテ御殿という記事をみたが、逆に漁業に成功した姿にエールを送りたい。

稚内の旅の最後に利尻富士と夕日を載せて旅の記念にします。

夕日が丘パーキングから見た利尻富士(左)と夕日です。

 

 

残雪の季節に

春まだ浅い残雪に季節に、北海道にやってくる渡り鳥がいます。白鳥と雁です。
昨年秋まだ雪が降る前に北から南へ渡り、翌年まだ残雪の季節に南から北へ渡っていきます。

湖面に満月が映り込み、白鳥と雁が湖面に佇んでました。(2024年3月27日)

渡りの往路と帰路は同じコースを辿るのでしょうか?コースは同じでも環境は随分違うはずです。
南下する時は雪は無いので幼鳥も苦労なく飛べるのでしょうが、春になり北上する時は、雪に覆われた湖沼を避けわずかに空いた水辺を探しながら飛ばなくてはなりません。

早朝、雁が一斉に飛び立っていきました。(2024年3月27日 am5:10)

北海道の季節の変化は速い。残雪は見る見るうちに解けはじめます。湖面が解けて雪から水面に変わるのを待っていたかのように白鳥や雁の渡りが始まります。そして次から次へ渡りが始まっていきます。

白鳥や雁の渡りの後に続く鴨は、残雪が解けた頃に渡りを始めるから水辺を探す苦労は少ないでしょう。

雪が解けた農耕地でエサをついばむため、白鳥も早朝に飛び立ちました。

毎年繰り返される、白鳥や雁の渡りの時期は、残雪の季節です。

北海道の残雪の季節はまもなく終わり、一気に春を迎えます。

 

自然とのお付き合いⅡ

自然とのお付き合いは、モリパパmoripapaのライフワークです。北海道に住むことになった理由の一つでもあります。老後の趣味で始めたカメラも、自然とのお付き合いとして始めたバードウォチングの副産物なのです。

人から「なぜ北海道に移住する気になったの?」とよく聞かれれました。それは「自然とのお付き合い」を生活に取り入れたかったからです。バードウォッチングを始めてからすでに6年が経ちました。でも初心の頃の気持ちは、今も変わっていません。

自然との触れ合いコミュニケーションをどう保全するかというテーマはこれから重要な課題です。持続可能な自然を存続させるために何か係わり方が出来ればありがたいと思っています。

うらやましい人、牧野富太郎の他に、うらやましい人がもう一人います。それは「どろ亀さん」こと高橋延清さんです。

「どろ亀さん、最後のはなし」を読んでみた。2003年12月出版で、どろ亀さん亡くなった(2002年1月没)のちに出版されました。

どろ亀さんは「来世、生まれ変わるならトドマツさんになりたい」という言葉を残して亡くなったそうです。

お会いしたことはないが、どこか飄々ひょうひょうとしたところがあります。どろ亀さんの語り口で、散文的な表現をしてみると…

森はほどよく混じりあっている。森をいつくしんでごらん。
子供たち「ウンチ」の話をすることにしたどろ亀さんは、二度童子(わらし)になった。
決して相手をおどろかせない。まわり道でいいからゆっくり楽しんで、得意種目をやればいいのだから。
素朴であるがままに、持ち味を生かせばいい。
自然を破壊するのは一瞬、森を育てていくには長い時間がかかるんだ。森が死ねば、人も死ぬんだ。(ドイツの諺)
樹を植えると愛着がわくだろ。その人の’緑のふるさと’ができるんだ。

モリパパは?と言うと、北海道に来て[オコジョの会]に入り、里山や野山の散策を楽しんでるだけです。こんな鳥に出会えたとか、こんな写真が撮れたと嬉しがってるだけなんです。
また健康のためだと言って、近くの公園で野鳥の写真を撮り散策している程度です。それでも北海道の自然を感じながら歩くだけで満足しています。

今さら有名になるとか、何かで受賞するとか、考え無くてもいいのです。里山や公園を歩いてるだけで、ひょっとしたら何かの役に立つかもしれません。

先日、思いがけずミコアイサにえました。北海道で始めてみたミコアイサに心がうきうきしてきました。自然を愛する人には、自然がプレゼントをくれます。

ミコアイサ♂Smew♂撮影日2024.3.10 場所 石狩 茨戸川にて パンダガモとして人気が高いミコアイサ(巫女秋沙)です。

またその翌日、思いがけずタンチョウにえました。長沼近くにタンチョウが3羽になったと聞いてはいましたが、逢えるとは思いませんでした。その日は心から嬉しくて止まりませんでした。

タンチョウ Red-crowned Crane 撮影日 2024.3.11 場所 千歳市 舞鶴貯水池近く 長沼の舞鶴貯水池にいるタンチョウは、昨年雛がかえって3羽になった。真っ白な雪原の中で3羽が遊んでいた。幼鳥が飛び立つのを親鳥(2羽)が見守っている。

自然を愛する人には、自然の方からプレゼントがあります。
自然とのお付き合いって、自然からも歓迎され幸せです。

 

恵庭の冬の探鳥散策(その2)

前回「恵庭の冬の探鳥散策」では1月20日頃までの様子でしたが、北海道の冬は長く3月上旬まで氷点下の真冬日まふゆびが続きます。

今回は、1月20日以降3月上旬までの探鳥散策の続編です。

千歳のサーモンパークで見た白鳥は、雪のように純白でした。

ほとんどの白鳥は宮城県伊豆沼や蕪栗沼あたりまで南下して越冬します。中には北海道に留まる白鳥もいます。そんな白鳥が千歳川にいました。清流の白鳥は雪のように純白で印象的でした。

同じ千歳川にホオジロガモのペアがいました。このカモは潜水して魚を獲っていました。氷点に近い川に何回も潜ってました。

千歳川の上流にカワアイサが元気に潜水して餌(小魚)を獲っていました。ここも氷点に近い川の中でも元気に泳ぎ回ってます。

氷結し雪に覆われてしまうとえさを見つけ捕ることもできません。凍らない川は餌を捕るのに恰好かっこうの場所で、どんな冷たく寒くても水鳥にとって貴重な場所なのです。

茂漁川もいざりがわでもカワアイサのカップルが元気で泳いでえさ取りに夢中。寒いときに恋の季節を迎えます。

茂漁川にて、カワアイサのカップル

恵庭市の恵み野中央公園にある池には流れがあり、全面凍結しません。なのでカモが集まって一冬この池で過ごしています。

恵み野中央公園の池で元気に泳ぐキンクロハジロ

恵み野中央公園の池にはカルガモ、ヒドリガモ、コガモ、キンクロハジロ、オナガガモなどが、冬の風景に彩りを添えています。

東京で見るキンクロハジロより冠羽が長く、何処か違うのです。キンクロハジロの動きを動画で見てください。

更に、コガモの動画も撮ってみました。可愛いコガモです。

北海道の冬は長い。恵庭は札幌より2℃ほど寒い。でも3月中旬になれば雪が溶け始め一気に春がきます。その時まであと一週間。

 

春の訪れとともに冬鳥は北に帰ります。来年まで「さようなら」

 

 

初めての然別湖コタン

今年は札幌の雪まつりが終わった途端、暖かい日が2,3日続いたので、支笏湖ブルーで有名な氷濤まつりも早々に中止となってしまった。でも、十勝の然別湖は大丈夫なようで、初めて然別湖コタンに行って楽しんできました。

然別湖は帯広の北の山岳地にある(星印)

同年代の方に誘われ急に話がまとまって4人で十勝然別コタンへ行くことになりました。

然別湖しかりべつこは大雪山国立公園の自然湖で標高880mと道内では最も高く、湖の最深部は約100mと比較的浅い湖です。

2024年は1月下旬より3月上旬まで開催される

真冬、湖面は一面に結氷し、60cm~100cmの厚さの氷に覆われるそうです。

しかりべつ湖コタンは氷上に作られた、アイスバー氷上露天風呂が有名なところだそうです。

然別湖 一面に白い雪に覆われ、その下は分厚い氷(60cm~100cm)なのです。

 

アイスバーを訪れてみた。バブル(泡)が入った氷のテーブルや透明な氷の窓、氷のアイスバーなど、見るだけでも楽しい。

氷のグラスは素敵なグラスですがお持ち帰りできません。(残念)

そして然別湖コタンの氷上に作られた露天温泉があるのです。

外気温ー5℃です。男女混浴で、水着の着替えも大変です。

血圧のことをすっかり忘れて、氷上の露天風呂に飛び込んだ。芯まで温まりました。

温かいお風呂の背景は、-5℃です。こんな露天風呂で有名になった然別湖コタンです。

旅館もありますが、今 営業しているホテルは1軒だけとか。

遠景はホテル。右が氷上露天風呂の入り口、手前に足湯への通路口があります。

その他スノーモービルやアイスロッジなどがあります。楽しい然別湖コタンでの ひとときを過ごさせて頂きました。

でも、然別湖への往復の道は大変です。恵庭から往復366km、車で高速道路を走って十勝清水ICで降り、更に一般道を通って標高880mの然別湖まで雪道を登ります。

片道3時間、往復6時間をお一人で運転されました。その元気に敬服しました。高齢だからと諦めたらアカンですね。70代でも元気な方々とワイワイ楽しく旅行させて頂きました。
ますます元気を頂き本当に楽しかった。 私、来月から後期高齢者になりますが、そんなこと意に介さないで今まで通り元気にいこうと思ってます。

運転くださった上に元気までもらい、感謝で言葉もありません。