父の遺産「日本の将来推計人口」に思う

書棚を整理していたら、亡き父が作った「日本の将来推計人口」なんていう表が出てきた。今日は父の27回忌の祥月命日になる。

平成2年(1990年)の作成とあるから父69才のときに作ったもの。

70年先の2060年までの推計だが日本の人口は減り続け、老年人口比は増え続けると予測している。

当時の2020年予想は……

総人口:1億2690万人
年少人口比:15.5%
生産年齢人口比:59.4%
老年人口比:25.2%
平均寿命(男):77.81才
平均寿命(女):83.79才

2020年の答え合わせをしてみよう。(30年後の結果は?)

総人口:1億2571万人で予想より▼119万人も減ってしまった。
年少人口比:12.0%でこれまた予想より3.4ポイントも低い。
生産年齢人口比:59.3%で予想より僅かに低いがほぼ予想通り。
老年人口比:28.7%で3.5ポイント上回って老齢化進んでいる。
平均寿命(男):81.64才で3.83才(3才10ヶ月)伸びた。
平均寿命(女):87.74才で3.95才(3才11ヶ月)伸びた。

父の予想を上回る少子高齢化が進んだことになる。その原因は老人の長寿化でしょう。長寿化はある意味でおめでたいことです。

ところが、2021年をピークに2022年少し減り始て来ました。

厚生労働省が29日に発表した簡易生命表によると、2021年の日本人の平均寿命は男性が81.47歳、女性が87.57歳だった。新型コロナウイルス流行の影響で、20年と比べて男性は0.09歳、女性は0.14歳短くなった。前年を下回るのは東日本大震災の影響があった11年以来10年ぶり(日経新聞 2022年7月29日より)

世界的に見ても平均寿命はコロナの影響を受けて減少しているようです。予期しなかったコロナで人口が減っています。

厚労省の推計では2040年には人口1億727万人となり、人口減少に歯止めがかかりません。そのころ自分は90才になってます。
更に10年先の2050年の頃は鬼籍になって語るべき是なしです。

日本の人口減少は何も手を打たなければ減り続き、日本経済の活力は減退するでしょう。高度経済成長を遂げたのは人口ボーナスだったし、バブル以降の長期低迷も人口オーナスが原因だともいえます。
少子高齢化は誰も手を打てない問題のように言われていますが、それは違います。

島国日本は地政学的に大量移民が起こらない特徴があります。
米国は移民によって作られた国ですし、ヨーロッパの国々も大量移民(民族移動)によって出来上がったとも言えます。
島国であるイギリスでも植民地のインドから移民を受け入れてきました。だが日本だけはそういった植民地がなく、移民を送っても受け入れた歴史が殆どないのです。

話が少しれました。人口問題は経済、政治、文化すべての根幹をなすものです。少子高齢化と人口減少による不活性化を防ぐには大量の移民を受け入れることしかないと思うのです。

日本はジェンダー・ギャップ(Gender Gap)などが問題にされますが内向的な問題です。むしろ移民を積極的に受け入れるような政策転換に舵を切って外向的に人口問題を解決するべきだと思うのですが如何でしょう?

 

盛夏の井の頭公園

吉祥寺近くの井の頭公園は、土日になると多くの人で賑わう場所ですが平日は意外に静かです。特に、コロナの急拡大で人数は少なくなっているのかも知れません。

久々の晴天になり、空に浮かぶ雲は秋が間近に迫っていることを知らせているようでした。

緑陰の歩道は人影も少なく、真夏の陽射しを避けて散歩する人がひとりふたりと行き来する静かな昼下がりの公園です。

カイツブリの親子やカルガモの親子が遊んでいました。ひょうたん池の水面はカナダモがびっしり生い茂っています。

カルガモの親子は、古巣を懐かしがっているのでしょうか?雛とはいえない幼鳥は巣の周りに遊んでいました。

もう雛とはいえない幼鳥は、親鳥からまだ餌をおねだりしています。親鳥も小魚を採っては幼鳥に与えていました。親子の関係はいつまで続くのかな?

カイツブリの他にも井の頭公園の住人カワセミを見かけました。水辺の宝石と言われるだけあって、色鮮やかの小鳥です。ときどきダイビングして小魚を採っていました。

井の頭公園は自然を大切にする人々によって、環境が良くなってきました。

盛夏にありながら透明度がある池には小魚が増えたのかも知れません。

カイツブリ、カルガモ、カワセミのイキイキした姿を見かければ、自然環境が良くなってることが分かります。

都市の真ん中で、人と共存できる環境が少しずつ出来上がって来たようなきがしました。

 

希望のかがみになりたい

自分は高齢になったと思うようになりました。そんななかで励まされたのは、大百蓮華2022年8月号の巻頭言でした。

宿命の一つに「愛別離苦」がある。生老病死の四苦は免れないものですが、また愛別離苦も免れません。病苦や老苦は身に降りかかってみてないと本当のところは分かりません。

何度も何度も繰り返し暗唱した「現世の安穏ならざることをなげかざれ」との御金言を今あらためて思い返しています。

加速する高齢化社会は、人類史の新たなフロンティアに違いないその真っ只中にいて、老人となった自分の使命はなにか?

「長寿にして衆生を度せん」この一言が胸を打つ

自らが幸せな実証を示しきっていくことこそが、最期の使命なのかもしれません。あんな最期を生きたいと思われるような、希望のかがみになりたい

池田先生から、今日は激励を受けた気持ちになりました。心が穏やかになりました。霞が晴れたような気になりました。

 

駒場野公園の盛夏

駒場野公園は盛夏ともなると、樹木が茂ってしまい鳥のさえずりは聞こえても、姿を見ることはありません。

でも楽しみはあります。夏至の時期にしか見えない昆虫がいるのです。少年が虫取りに熱中するように小さな虫の写真を撮ってみました。

こんな虫を見ると、わ~ッと言って逃げ回る人もいますが、良く見るとなかなかキレイなものです。

名前は分かりませんが、こんな毛虫もさなぎになって蝶になるのです。

例えば、こんなクロアゲハのように変身するかもしれません。

昆虫は、短い夏の間に変態を繰り返し、毛虫からさなぎ、蛹から蝶へと変身します。

鳥の餌になって食べられなくても、カマキリみたいな虫に食べられてしまうこともあります。

虫は食物連鎖の底辺を支えている生物なのです。

ヤゴも水中の捕食者ですが、さなぎとなって孵化するとキレイなトンボになります。

真夏の公園の風物誌としてトンボは欠かせません。

草木がの成長は止まり、盛夏は昆虫の世界に変わります。そういった目で自然を味わうのも良いものだと思うようになりました。

生け垣にも虫が飛んでいます。

大人の昆虫採集とでも言ったら良いのでしょうか?
身近に小さな自然を見つけて楽しんでいます。

自然は、いつでも人の目を楽しませてくれます。

自然学者Naturalistの福岡新一さんは、Sence of Wonder が大切なんだと言ってます。

「それ、オモシロイね!」という気持ちが大切です。ナチュラリストのことを、シンプルに「自然を愛する人」と言ってます。

やや大げさな表現ですが、ロゴスLOGOSからピュシスPHYSISへ、現世のよしなしごとやお金に頓着せず、いつもひょうひょうとして自由で、優しく、公平で、そしてちょっと脱力系です。蒐集家でもなくマップラバー(地図好き)のような追求心もありません。

いつも生き生きと動き回っており、どこかひたむきで、それでいて美しい、そんなナチュラリストに私はなりたい。

 

3回目の恵庭旅行

母の四十九日忌の前でしたが、気を紛らわすため北海道恵庭に旅行しました。今回の旅行は思切って来て良かったと思ってます。

一人で初めての恵庭に来たのは4年前(2018.8/30 ~9/3)、2回目は去年(2021.7/7~14)、少し土地勘にも馴れてきて、今回は3回目の恵庭旅行(2022.6/27~30)です。

友人とも親しくなり今回も歓迎してくれました。人とはつながりが大切だとつくづく思うようになりました。老境に入って「なお友情ほど素晴らしいものはない」と思っています。

東京は連日35℃を超す猛暑が報じられていましたが、ここ恵庭は早朝17℃、日中も25℃を超えることはありません。

今年は、花ふる街 恵庭で北海道ガーデンフェスタ2022が行われています。

もともとオープン・ガーデンが自慢だった恵庭です。このイベントは恵庭のために作られたようなもの、オープン(6/25)は大勢の人出で賑わい、会場「道の駅」では拡張した駐車場さえも満杯だったそうです。

今回の旅程(6/28~29)は生憎く雨でした。少しの晴れ間に花を見て回り、あとは北海道開拓の村や北海道博物館、そして恵庭市郷土資料館などを見て回りました。雨の日の観光は、博物館や資料館、美術館が良いですね。

花ふる街恵庭の花のクライマックスは6月下旬から7月上旬です。では、ガーデンフェスタの花々をご紹介しましょう。会場だけでなく、あちこち花であふれている恵庭の街の庭もいいですよ。

はなふる恵庭は、ガーデンフェスタの会場だけではありません。恵庭市立図書館前の小さな花壇でも素晴らしい。

個人のお庭でもオープンガーデンとして提供してくださっています。ルールを守って庭めぐりをしても、面白いかも知れません。

2021年7月北海道旅行の記憶が蘇りました。

北海道に来ると何故か元気になるんです。

景色も、気温も、空気さえも「北海道は別格だと」思えてならない!こころから ”あぁ、いいな~”と思ってしまいます。

東京の酷暑がニュースで報じられていたが、3泊4日の旅を終えて猛烈な酷暑に襲われました。15℃近い気温差は体に応えます。否、気温差だけでなく緑豊かな北海道とビル砂漠の東京、のんびりした北海道と慌ただしく喧騒な東京との違いに衝撃を受けてしまいました。