初めての恵庭の冬

年末年始は東京の売却前の自宅に返っていた。時おり北海道の気温をネットでみては寒そうだと思っていました。

機長パイロット案内アナウンスでは新千歳空港は零下20℃とのこと、よりによってこの冬一番の寒さとなった、その日に恵庭に返ってきました。
空港からJRに乗って駅の外に出た瞬間、空気が痛いほど冷たかった!「これが冬の北海道だ」とでも言われているような感触です。

長期の留守中の整理がついたところで、北海道は風雪注意報が出た。雪が少ない恵庭でも午後から吹雪となって、強風に雪が舞い上がるような夜を迎えました。

ところが翌朝、爽やかに晴れ渡った。さっそくカメラを手に冬恵庭の景色を撮りにいった。オブジェクトは「雪」です。

通りがかりの人に「何かありましたか?」と訊かれ、「雪を撮ってます」といったら妙な顔をされた。北海道の人にとって、雪は題材にならないようです。

雪景色となった恵み野の街
枯れ草が雪原に顔を出す
雪原の向こうに恵庭の家並みが連なる
白い雪に差し込む太陽が眩しい
乾いた雪は風で吹き飛ばされてしまった
乾いた雪は風で吹き飛ばされてしまった
恵み野中央公園の雪景色(1)
恵庭中央公園の雪景色(2)

これぞ、the・Hokkaidoです。七十二節季の最後の大寒1月31日~2月3日頃の鶏始乳(第72候)にわとり はじめて とやにつくの北海道です。

春節も終わり、いよいよ立春となりますが、北海道ではこれから札幌の雪まつり(2月4日~11日)が始まります。

 

明治維新と自由民権運動

司馬遼太郎の小説「翔ぶが如く」を読んでいる。10巻に及ぶ長編ともなると一簣に読めない。6巻まで読んだところで小休止。
維新とは「維 (こ) れ新 (あらた) なり」との意で、革命ではなく自ら大変革を成した。その頃の日本は実に特異な時代に思えます。

明治維新は走ってしまってから考えた。走ってしまってから、その裏付けを求めた。自由民権運動もそのひとつだったようです。(The Liberty and Civil Right Movement=自由民権運動)

維新の10年前、幕末の頃、尊皇攘夷はうたにまでうたわれた。水戸の藤田東湖の詩がもてはやされた。幕末に勤皇志士は熱狂した。司馬朗太郎はこのように綴っている。

維新の成立は、外圧による。まわりが海である日本は、ちょうど砂漠の真っ只中にある都市国家に似ている。それを敵が包囲した。敵は欧米勢力という巨大なもので、ひたひたと城壁のそとをかこんだとき、市民に防衛上の大緊張(攘夷熱)が生まれこれによって防衛の担当能力を欠いた幕府が倒された。代わって太政官政府が成立した。
要するに、この革命は、外圧をねかえそうとするきわめて武断的なエネルギーによって成立したものであった。ただし、革命分子のなかには、それだけでないさまざまの思想の持ちぬしはいた。しかしながら旧国家をくつがえしてしまったエネルギーそのものは多分に武の要素がつよかったといっていい。

藤田東湖(wikipedia)

たとえば幕末の志士たちが好んだ水戸の藤田東湖の詩が、この次代の攘夷気分の象徴的なものであったであろう。東湖は重厚な学殖でもって世人から尊敬されていたが、尊敬されている自分を十分計量した上で、華麗な扇動をおこなう。かれの数多くの攘夷の詩は、虹のように華麗な扇動の歌である。
ついでながら幕末の一時期をになった老中阿部正弘は東湖が意見を言う前にその出鼻をくじくように、「足下のような賢者が、言うべくして実行もできぬ説を吐くのか」といい、東胡を怒らせた。(中略)
この気分を、開明化した新政府が継承しないということで、新政府は在野勢力から憎悪された。(翔ぶが如く 第5巻より)

明治維新の研究家でもある司馬遼太郎は世論とは言わない。気分という言葉を使っています。歴史は気分によって熱気を帯びます。

尊皇攘夷の志士が、手のひらを返したように、文明開化を謳い丁髷ちょんまげから散髪になり、帯刀を捨て(廃刀令はM9年)、汽船に乗り、人力車を引かせ、洋風建築に憧れる時代になると気分では済まされなくなります。激変の時代に思想まで受け入れられた。

自由民権運動は、中江兆民により日本に紹介された。ジャン・ジャック・ルソーの思想が啓蒙的に迎え入れられたのです。

中江兆民(Wipipediaより)

中江兆民は、明治政府が派遣した岩倉使節団(187173年)と共に渡欧した。明治7年(1874年)6月に帰国し 、民約論として紹介した。

兆民は坂本龍馬に小間使いのように言うことを聞いたという。自身の回想で「龍馬を見た時に自然に尊敬の念を抱いた」と書いている。(兆民は土佐の出身です)

兆民は死ぬ間際に弟子に向けて「文章こそ、国を治めるうえでもっとも重大なものである」という漢詩を遺した。武力に頼らず国を変えようとした兆民。龍馬亡きあとその理想を受け継いで権力と闘った。兆民は晩年(44才)、北海道小樽へ渡道し「北門新報」で論説している。新天地・北海道を舞台にしたことがある。

民権運動は土佐の人脈でそだった。土佐はもともと同格意識が強く民権が受け入れやすかった。
板垣退助後藤象二郎ごとう しょうじろう森有礼もり ありのり植木技盛うえき えもり沼田守一ぬま もりかず大井憲太郎河野広中、等が名を連ねた。
土佐藩の四民平等しみんびょうとうから民権運動が始まったと云えかも知れません。

しかし当時太政官政府の大久保独裁体制を倒すに至らなかった。
明治草創の頃「国家とは何か?」岩倉具視使節団の人々は一から学ぼうと欧米国家を見聞した。そしてほぼ感覚的ながら分かった。

戊辰ぼしん戦争で命がけで戦った武庶の不満は、油鍋を煮えたぎらせたような不満を持っており僅かな火の粉でも爆発するようだった。佐賀の江藤の乱、神風連の乱、西南戦争に至った背景がある。

司馬遼太郎は、肥後荒尾出身の宮崎八郎が中江兆民の民約論に醉心すいしんしていく様子を執拗に追っている。しかし太政官政府転覆を図る根拠に民権運動を使った。宮崎は西南戦争で八代で戦死した。

開明的な太政官政府に不平を持つ旧士族の氾濫は西南の役で鎮圧されたが、なんと凄まじい時代だったことか。

尊皇攘夷の気分からわずか20数年で日本はすっかり変わってしまった。こんな歴史を我々日本人は持っている。

話は変わるが、いま新しい時代に差し掛かっているような気分がある。まるで維新の頃のような大きな変革の波が襲ってるのか?
コロナが蔓延し全てが低迷・鬱懐うっかいした。気象・生態系でレジームシフトが起こっている。更に核戦争におびえながら逼塞ひっそくに耐えている。価値観を根こそぎ変えなくてはならない時期に差し掛かっているように思えてなりません。

 

私の読書のススメ

NHK「ドイツ語講座」講師として有名だった小塩おしおたかしさんが昨年(2022年)5月17日 91歳で亡くなった。小塩さんは、多くの書物でドイツを紹介してくれた。

小塩さんのドイツ紀行を読んでドイツにあこれた人は多いと思う。自分もその一人だった。

若い時読んだ、小塩さんのドイツ紀行(書名は正確ではない)を書棚にしまっておいたが、それを息子も読んだらしい。今その息子はドイツへ行き、暮らしている。息子の子(孫)はドイツで生まれた。親子三代に影響を与えたことになる。

なんでもないような一冊の書物が人生に大きな影響を与えることはよくある。

近ごろ思うのは老人こそ読書しないとしいと思ってる。

何故かならば、人生を大方おおかた経験した者でないと解らぬことがあるからです。経験があればこそ”驚き”に出会えることがあります。
読書でなければ人の心の奥をのぞきみることはできません。これが老人こそ読書しないと惜しいと思う理由なのです。

老いると目はカスミ、読む速度も落ち、疲れやすくなりますが、何かの目的のために読書をする訳ではないから、ページをゆっくりめくりながら楽しむことができるのです。

読書は人生を変える力があります。どんな年老いても驚きを与えてもくれます。これが少々勝手な私の読書のススメであります。

いまは、たっぷりある時間を「読書」で楽しんでいます。

 

原点は目黒と北海道

6年前(2017年5月9日)の稿記事「折々の指針を読んで」を読み返して今更ながらに北海道とのえにし深きを想っている。

(2017年5月)3日には、広宣流布大誓堂で勤行し、全同志が健康長寿であれ、無事安穏であれ、そして幸福勝利あれと深く祈念した。
(中略)
7日には、恩師にゆかりの目黒区などを車で回り、同志に題目を送った。
目黒の三田は、65年前の5月に、私たち夫婦が新出発をした地でもあり、発展の様子を懐かしく見つめた。
(中略)
あの夕張での闘争からは60年――。愛する北海天地の父母たちは地域の信頼の柱と仰がれ、三代城の丈夫も、華陽の乙女も、目覚ましく成長してくれている。恩師がどれほどお喜びか。
(中略)
昭和32年の7月3日、北海道から大阪へ向かう途中、羽田空港に降り立った私に、恩師は言われた。
「広宣流布は、現実社会での格闘なのだ。どんな難が競い起ころうが、戦う以外にないのだ。大作、征ってきなさい!」と。
不二の師弟に恐れなし。
元初から誓った「立正安国」の遠征を勇敢に続け、正義の勝利を一つ一つ打ち立てていくのみである。(聖教新聞 2017年5月9日)

闘いには原点があります。池田先生にも原点があるのでしょう。あるとすれば、それは新婚時代を過ごした目黒大阪闘争へと繋がった三代城の北海道でしょう。
勝手な解釈かもしれませんが、目黒北海道は池田先生の原点の地だと想っています。

「新・人間革命」第19巻 陽光 p.199冒頭に以下の記述がある。

 生きるということは、戦うということである。
 細胞も戦っている。血液も戦っている。人生も闘争だ。社会も闘争だ。
 文豪ゲーテはうたう。
 「わたしは人間だったのだ。そしてそれは戦う人だということを意味している」
 ──私たちは、なんのために戦うのか。
 自身の幸福のためである。何があっても挫けない、自分自身を築くためである。人間革命のためである。また、人びとの幸福のためである。社会の繁栄と平和のためである。
 アメリカの思想家エマソンは明言する。
 「他に奉仕し、人間全体の幸福に何ものかを寄与しようという意志、それが人生の本質なのである」
 私たちは、妙法をもって、末法の一切衆生を救うために出現した地涌の菩薩である。まさに広宣流布という「人間全体の幸福」の実現こそ、私たちの使命だ。
 戦う限り、勝たねばならない。絶対に勝つと決めて、戦い抜くのだ。
 勝利のためには、何よりも己自身を制覇せねばならぬ。きばをむく獰猛どうもうな敵も、所詮は自分の心の影にすぎない。
 自身に勝つのだ!
 臆病に勝つのだ!
 あきらめの心に勝つのだ!
 怠惰に勝つのだ!
 自身に打ち勝ってこそ、大いなる「前進」があり、燦然さんぜんと「勝利」の陽光は輝くのだ。

「生きるということは、戦うということである。細胞も戦っている。血液も戦っている。人生も闘争だ。社会も闘争だ。」とは、何度も池田先生のスピーチで聞いた指導・激励であります。いまよわい74歳に近づいて同じ気持ちでいられることに感謝してます。

自分にとっての原点は、目黒北海道であり、生涯、闘争は続きます。いま北海道に移住して次の言葉が、胸に迫る思いです。

冬の寒さを耐え忍んできた人ほど、春の陽光に感動を覚える。

人生には試練はつきものだ。それに負けないことが勝つことだ。」と激励を受けながらここまで来た。

あらためて「広宣流布とは恒久平和の異名でもある。断じて戦争をなくそうという戸田城聖の誓から、戦後の創価学会は始まった。ゆえに、平和を祈り、平和のために戦うことが、学会の精神なのだ」との指針は今も変わっていません。

今なお、世界中が戦争に苦しんでいることを思うと、僕らの戦いはまだまだ続きます。いま、身近な祈りから始めようとおもう。

 

 

花鳥風月のPhotography

写真が趣味になり野鳥や草花、風景を撮っている。何のことはない日本の古来の花鳥風月」がオブジェクト(被写体)になっていることに気がついた。


野草や花々の写真を撮って楽しでいる。特にスミレの写真を撮って楽しんでる。
今でも花壇の花や、生花を撮っている。

花は動かないから、ボケや逆光を楽しむ余裕があって、それは楽しいものです。


バードウォッチングを兼ねて野鳥撮影を趣味にする人は多い。ご多分に漏れず、野鳥撮影にはまってしまいました。

遠くて動きがある野鳥を撮影するのは、意外に難しいものです。


美しい自然の風景をたしなむのです。
朝焼け,夕焼け,ブルーモーメントなど写真に撮りたくなる場面は急にやって来る。

その瞬間を見逃さずに、狙った通りに撮るのも難しいものです。


満月も三日月もオブジェクトとして面白い題材だろうが、まだ月の写真にはまるまでには至っていない。

月の写真で月食を撮るにはそれなりに技術が要る。


花鳥風月を題材に詩や俳句をたしなむのは、日本の古来から伝統的に行われてきています。平安時代末期から鎌倉時代初期に藤原定家が選んだ「小倉百人一首」に収録されている数々の秀歌にも花鳥風月を題材にした和歌があることで知られています。

花鳥風月、雪月花、春花秋月などは「美しい自然の風景」という意味を持つ熟語で、年齢ごとに趣味が変わる様子を例えた言葉。
「花をでるようになると老化がはじまり、月をでるようになると死期が近い」と言われて気になってしまいます。

自然の中にある四季折々の草木の様子や山や川、海などの風景、野鳥や生き物のことや、自然の風景を題材としたPhotographyの創作活動を楽しむこと万更まんざらでもないと想っています。