創価の決意、初信に戻って

今年9/16、北海道恵庭に移住し早いもので3ヶ月が経とうとしています。顔合わせで座談会に初て出席したのが9月19日でした。

翌月の座談会(10/16)で自己紹介方々体験発表をさせていただきました。原稿はA4用紙で4枚(3,500文字) と長文なってしまいましたが皆さんが真剣に耳を傾けてくれました。

創価学会 道央文化会館

最後にこのように結びました。

肩書もなく、役職もなく、知り合いもいません。ひとりの学会員として初信者の気持ちになって学会活動してまいります。

先生の指導に「何歳になっても、新しい何かに挑戦する人は、若々しくいきていける。いよいよ若々しく、広宣流布と人生の最高峰へ、お互いに、楽しく粘り強く挑み続けて、勝っていこう。」とありました。そして最後にこう挨拶させて頂きました。

恵庭での新生活は、私にとって人生最高峰へとつなぐ最終章になります。白紙からの新出発です。どうぞご指導よろしくお願い致します。

総てに挑戦していく決意で、もう一度「新・人間革命」を読み直して見ようと思っていたところ、恵庭県の壮年部では”人間革命塾”で「新人間革命」読了運動を毎月行っているとのことでした。

途中参加の”人間革命塾”ですが、第16巻から参加させていただくこととなりました。



11月27日北海道総会があり、ここに池田先生からのメッセージが寄せられました。

世界が憧れ見つめる北海道総会、誠におめでとう!
 女性部をはじめ、わが北海道家族の皆さん、この一年、本当にご苦労さま! 青年部の大飛躍も、何より嬉しい。
北海道の父母と大切に拝してきた「御義口伝」の一節に、「師子吼の『師』とは師匠が授ける妙法、『子』とは弟子が受ける妙法であり、『吼』とは師弟が共に唱える音声をいう」(通解、新1043・全748)と仰せであります。
牧口先生と戸田先生と私、そして愛する北海道家族は、この不二の正義の師子吼で広宣流布の大原野を開拓してきました。小樽問答も、札幌夏の陣も、夕張炭労問題も、しかりです。ここに、我ら三代城の永遠の誇りがあります。
戸田先生は私に言われました。
「未来の新天地・北海道のために、多くの多くの友をつくり、そして私の故郷を大切に大発展させてくれ」と。
どうか、いよいよ師子吼の題目を勇気凜々と、愛する北海天地の何処にも幸の仏縁を広げ、どこよりも仲良く朗らかに慈折広布・立正安国の凱歌を轟かせていってください。
宝の全同志の健康と大福運を祈り、妻と題目を送ります。

北海道の御書は「御義口伝」です。その最初が「師子吼ししくの『師』とは師匠が授ける妙法、『子』とは弟子が受ける妙法であり、『吼』とは師弟が共に唱える音声をいう」が引かれました。

人間革命第18巻の「獅子吼の章」に以下のようにあります。

〈「師」とは師である仏が授ける妙法であり、「子」とは弟子が受ける妙法であり、「吼」とは、師匠と弟子が、共に唱える音声をいう。「作」とは「おこす」と読む。末法において、南無妙法蓮華経を作すことをいうのである〉
これは法華経勧持品の「仏前に於いて、師子吼をして、誓言をおこさく……」(法華経四一七㌻)についての御言葉である。
一言いちげんすれば、師から弟子へと仏法が受け継がれ、師弟が共に題目を唱え、広宣流布の戦いを起こすことが、[獅子吼ししくす]ことになる。 (新・人間革命第18巻p.51)
 
ここに創価学会の原点がある。学会の使命は広宣流布にこそあるのだ。
広宣流布とは、万人に絶対的幸福への道を教える究極の聖業である。分断された人間の心と心を結び、この地上に、慈悲と平和の人間共和の社会を築き上げる未聞の大作業である。
「情熱をもって君たちの使命を愛せよ。これより美しい事はない」このロダンの言葉は、われらにこそふさわしい。
大聖人は「一句をも人にかたらん人は如来の使と見えたり」(御書一四四八㌻)と仰せである。折伏を行ずる人は如来の使いであり、そこに真の仏道があるのだ。 (新・人間革命第18巻 p.134)

創価学会は、自律の仏法であります。

たよって寄りかかるような信心ではありません。更に先生はこのようにつづっておられます。

自身の宿命の転換は、人頼みではできないのだ。自らが真剣に信心に励み、無明の雲を破って、わが胸中に仏性の太陽を赫々と輝かせてこそ、可能となるのである。
大聖人は「若し己心の外に法ありと思はば全く妙法にあらず」(御書三八三㌻)と言われ、それは、「成仏の直道にあらず」(同)と結論されている。(新・人間革命18巻 p.220)
 
フランスの文豪ロマン・ロランは叫んだ。
「最大の悪は自己更新への怠惰である」
まさしく人間自身の一念を変革せずしては、時代の建設はない。生命の魔性を断ずる、仏法による人間革命なくしては、社会の繁栄はありえないのだ。
伸一は言葉をついだ。
「日蓮大聖人は、かの『立正安国論』で、『国土乱れん時は先ず鬼神乱る鬼神乱るるが故に万民乱る』(御書一九㌻)との経文を引かれ、社会の混乱の原因を論じられています。この文は、現代社会の本質を見事に突いております。
ここでいう『鬼神』とは悪鬼であり、『鬼とは命を奪う者にして奪功徳者と云うなり』(御書七四九㌻)とあるように、生命自体を破壊し、福運を奪う、『人間の内なる作用』であります。現代的に表現すれば、『生命の魔性』の意味であり、人間が完全にエゴにとらわれ切っていく、その本質を『鬼神』と表現したと思われる。
この人間のもつ生命の魔性の跳梁が、『鬼神乱る』ということになるのであります」
社会の混乱の根底に何があるのかを、生命の法理のうえから明らかにする伸一の講演に、参加者は目から鱗の落ちる思いがしてならなかった。(新・人間革命18巻p.284 285)

いま、コロナもウクライナも経済危機も仏法の観点から見れば、『鬼神乱る』真っ只中にあります。もう一度、初信に戻らなければならないと思っているのであります。

足下を掘れ、そこに泉あり』といわれますが、平和といっても、それは、身近なところから始まります。つまり、皆さんがいる組織のなかに、友情と信頼の人間共和の縮図をつくり上げていくことです。そして、それを国中に、ヨーロッパに広げていくことです。そこに広宣流布の実像がある。(新・人間革命第17巻 p.317)

足下に泉あり、広布も足下にあると思うのです。自己の中にあると言っても過言ではないでしょう。勇気と誠実で始めるのです。

新・人間革命第18巻には、感動的な女子部長の吉川美香子の体験が綴られている。誰しも涙なくして読めない歓喜の体験です。

苦悩なき人生はないのだ。どんなに華やかそうに見えても、人は悩みをかかえている。一時期は幸せを満喫しているようでも、それが永遠に続くことなどない。生きるとは、苦悩することであるといってもよい。それに負けて、希望を失い、自暴自棄になってしまうことから、人は不幸になるのである。
だから、悩みや苦しみに負けない強い心、大きな心をつくるしかない。
苦悩が大きければ大きいほど、それに打ち勝つ時、より大きな幸福を感ずることができる。
いな、その挑戦のなかにこそ、充実と歓喜の生命が脈打ち、わが胸中は幸福の泉となるのである。
その能動的な自己をつくり、心を大きく、強くすることが、「人間革命」なのだ。
 
ロマン・ロランは「フランス大革命は〝歓喜〟から発したもので、けっして道徳的義務から発したものではなかった」と分析したが、香港広布もまた民衆の大歓喜から発したのである。歓喜を原動力とした平和革命が、我らの広宣流布なのだ。
 
なんのために宗教があるのか─
人類の平和のために、人間の幸福のためにこそ宗教はあるのだ。決して宗教の権威や教義をもって、人間を縛りつけるためにあるのではない。人間こそ「原点」であり、「目的」なのだ。ゆえに、宗教も、国家も、イデオロギーも、人間を手段化することがあっては絶対にならない。また、人間の生命と平和を守るためには、宗教や国家、民族等々、あらゆる壁を超えて、同じ人間として結び合うべきである。それこそが人類の黄金律でなければならない──というのが、伸一の確信であり、信念であったのである。 いや、それこそが、一切衆生に「仏」を発見し、万人の幸福をめざす仏法の結論であろう。(新・人間革命第18巻 p.382 383)
 
〝幸福は、私自身のなかにあるのだ! どんな逆境にも負けない強い心を、価値を創造していける豊かな心をつくる以外にない。そして、皆が自分を変え、人間革命していくならば、社会の平和を実現することができる。必ず、この仏法をもって、香港を幸福の花園にしよう〟
御聖訓には「今日蓮等の類い南無妙法蓮華経と唱え奉る者の住処は山谷曠野皆寂光土なり」(御書七八一㌻)と。
(新・人間革命 第18巻 p.390) 

「新・人間革命」の引用が長くなってしまいました。『新・人間革命』は創価学会の正史です。創価学会は『御書』が根本ですから、当然「新・人間革命」には御書が多く引用されています。

御書は、私たちの信心と生き方の規範であり、根本です。学会は御書を根本としてきたからこそ大聖人に直結し、大発展したんです。その御書の研鑽を疎かにすることは、歯車が機軸から外れることであり、空転を繰り返すだけです。聖教は御書にかえることです」(新・人間革命 第18巻 p.80) 

もう一度「新・人間革命」から読み直し、初信に戻って「人生最高峰へとつなぐ最終章」へと掉尾とうびを飾ろうと決意しています。

 

いよいよ冬到来

恵庭に移住して初めての冬を迎えます。11月30日初雪となりました。12月に入り雪は積もって消えません。気温は終日零下の真冬日ですが、晴れた日は気持ちいい。

12月に入ると雪が薄っすらと白く積もって銀世界になりました。

雪が降っている日と、晴れている日とでは気分も全く違います。

恵庭は札幌より雪が少ないそうです。雪が少ないということは晴れる日が多いわけで、助かります。寒くても温かい部屋から景色を見れば気持ちは明るくなります。

札幌がある石狩いしかり地方と苫小牧がある胆振いぶり地方では天気が全く違います。

千歳ちとせ苫小牧とまこまいを境界に、日本海側と太平洋側に分かれるようです。

小樽や札幌は日本海側で雪が多く、苫小牧は太平洋側で冬晴れです。
恵庭や千歳あたりが、気候の変り目になるのでしょうか。

住んで初めて分かったことです。

終日、氷点下となる寒い日、鳥たちはどうしているのでしょう?寒いが、気になって近くの森へ出かけてみると、シジュウカラもハシブトガラも元気にこずえを飛び回っていました。

_C035261_C035143_C035140_C035124_C055309(以上、写真はハシブトガラです)

_C055369_C055412(以上、写真はシジュウカラです)

氷点下3℃のなか、小一時間も歩いていると我慢できなくなって早々に帰宅してしましたが、野鳥にとって何でもないようです。

北海道の寒さはこれからだそうです。この季節バードウォッチングも難しくなってきました。(音をあげるのはまだ早いかな)

 

帯広の旅

十勝平野は約1万8千年前に恵庭岳の噴火による火山灰地であす。そのど真ん中に帯広があります。

およそ北海道の開拓は、海路沿岸から成立したのに帯広だけは違った開拓の歴史を辿っています。

依田勉三ほか渡辺勝、鈴木銃太郎等の晩成社によりオベリベリ (帯広)の開拓が始まりました。帯広の開拓史は、彼等の壮絶な開拓の原点から始まったと言えます。

帯広百年記念館

帯広百年記念館に入ると、順路の最初に晩成社が出てきます。明治15年晩成社は結成され、北海道調査が始まりました。

依田の出自は静岡豪農で、渡辺、鈴木と慶應義塾で知り合って晩成社を結成しています。最終的に晩成社は大正5年事実上破産し悲劇的に終わりました。勉三73歳で帯広に没しています。

松山善三の「依田勉三の生涯」を読んだことがあり、百年記念館の展示に興味を持って見学しました。中でも印象に残った解説があったので写し取りました。

晩成社は花咲爺さんの犬の役目
開拓の苦闘を陰で支えたのは多くの女性達です。そうした女性の一人が渡辺カネであり、依田勉三を十勝開拓の父とするならカネは開拓の母と言えるでしょう。カネは二男四女を生み育て、夫の勝、兄の銃太郎、勉三の死をおくり、そして昭和七年発足から五十年の晩成社満期解散を見とどけ、同二十年十二月入植の地の自宅で八十七歳の生涯を閉じました。
昭和二十年八月、カネは郷土史研究家の質問に答えて「ここ掘れわんわんの花咲爺さんの犬のように、あとからやって来る人達が欲しがるようにな土地を開くのが晩成社の仕事で、立派に犬の役目をはたしたと思います。晩成社の五十年は夢のようです」と語りました。

左が渡辺勝、右がカネ

このカネの話で晩成社の意味が、自分の中で変わりました。

カネは聡明な女性だったのでしょう。十勝開拓の歴史に残ります。


さらに十勝の歴史には欠かせない人物がいます。寛斎カンサイです。この人も百年館に展示されてます。(帯広百年記念館では関 ユタカとなっていましたが同一人物です)

千葉東金辺りで生まれ、順天堂の創始者 佐藤泰然に蘭方医学を学び医師となり、松本良順の下でオランダ近代医学をポンペから学びました。その後、徳島蜂須賀藩の藩医となりました。
また戊辰戦争で官軍の奥羽出張病院長として、敵味方の別なく治療に当ったといいます。その後徳島に帰っていち医師となった。

ところが、数え73歳となって十勝の陸別町に入植したのです。この入植には札幌農学校の次男の勧めがあったようですが、なぜ一念発起して北海道に入植したか?詳しい理由は分かりません。
陸別町への開拓事業に全財産を投入し、広大な牧場を拓き、後にこの土地を開放したが、自作農創設の志しが果たせず、大正元年82歳にして服毒により自らの命を絶ってしまった。

入植後も徳島の蜂須賀藩主から賜ったつつみを大切にしてたというから、徳島の生活をしのんでいたのでありましょう。

関寛斎については、司馬遼太郎の「胡蝶の夢」に詳しく出てきます。帯広の開拓の歴史に登場する人々は、変人奇人の類に及ぶようです。今の農業王国「十勝」を切り拓い者は、有志の入植者です。農業を知らない有志の入植は悲劇的だった。
尤も、アイヌの暮らす原野に農地を開拓する者は、何かに取り憑かれたような人々でなければ為せなっかったのでしょう。

私事ながら73才になって北海道に移住してきました。依田勉三は73才で亡くなった。関寛斎は73才で十勝に入植した。73才とは節目かな?あるアンケート調査によれば「お年寄り」は73才、「シニア」は61才だそうです。(ふ~ん!)

さて帯広百年記念館に別れを告げることにしましょう。北海道の歴史は若い。明治より遡る歴史は少ない。若い大地です。
そんな想いをいだき帯広駅へ戻りました。

昨日、池田町のワイン城に行った翌日立ち寄った帯広はついで旅でした。観光地ではありませんから、開拓の歴史を考える旅としました。

タクシードライバーの案内で、駅で豚丼を食べることになった。
紹介されたのは「ぶたはげ」何とも面白い名の店です。

客が並ぶほど人気店で、帯広には珍しく混んでました。

最後に帯広名物「豚丼」で〆めて帰宅の途に就いたという訳です。

お粗末様でした。

 

池田町のワイン城

社会人となってまだ入社1,2年の頃、ワインの楽しさを覚えた。
そこは、東京駅の八重洲にある池田町の町営レストランであった。

町営レストランというのも珍しくて、会社帰りに通ったのがワインの楽しさを覚え始めたキッカケになりました。

池田町に行ったことはなかったので、北海道に移住した機会に是非行ってみようと決心した。

トマム恵庭の自宅から特急おおぞらに乗って約3時間で池田町に着いた。

南千歳から石勝線せきしょうせんで日高山脈を超え十勝平野へ出るJR線です。
かつて陸の孤島と言われた占冠しむかっぷや星野リゾートがあるトマムを抜けて十勝平野へ出ます。

石勝線は1981年41年前に開通した。学生のころ調査で占冠に行ったとき(1969年)には無かった。便利になったものだと思います。

そんな思いを載せて初めて十勝の大地をめざした。新得から先は根室本線と一緒になり、特急は帯広駅、池田駅と停まります。

JR池田駅から、ワイン城こと「池田町ブドウ・ブドウ酒研究所」が見えます。

タクシーを呼んでもよかったが、カメラを片手にワイン城まで徒歩で行った。

池田町営のワイン城は地下2階、地上4階。2020年リニューアルしたらしい。

華美に走らずなかなかいい建築だと思った。
ここの地名は清見といい、ワイン名にもなっている。この時期ブドウの木は冬支度で葉はなくなってる。(ちょっと残念)

飾ってあるワイン樽に1974年ものがあった。これは私が入社した年のものだ。

八重洲の町営レストランで飲んだかもしれないワインだ。歴史はまだ浅い。

当時は確か十勝ワインはなく、池田町ワインと言っていたと思う。ワインの中でも「清見きよみ」はとても良いワインだ。
清舞きよまいは清見を母に、山幸やまさちは清見と山ブドウをかけたもので、清見が基本になっている。

ワイン城についてまずテースティングで2杯、ランチで2杯、ワインツアーで2杯+ブラディーを呑んだ。最後にテースティング・カウンターでデザートワインを1杯呑んで、いい気持・・・・

ランチのときガラス越しに、眼の前をタンチョウが飛んで行った。

写真を撮るいとまがなかったが、ワイン片手にラッキーな気分がイッパイに広がった。

実は今回の旅は、大腸癌の疑いが晴れてのご褒美・お祝いツアーでもありました。
ワイン呑んでるときが一番幸せになる性分は、年取っても直らないようです。

池田町の丸谷金保まるたに かねやす町長の奮闘記を読んだことがある。財政赤字やビート工場誘致失敗、冷害に苦しんた小さな町がワインで見事に立ち直った。お国や人に頼らずつかんだ幸運に、池田町に乾杯!

お土産には、「清見」と「夕映えの城(白)」を購入した。帰途についたのは午後4時。もうすっかり夕映えの城になってました。

少々酔って、池田ワイン城を後に帯広行きの電車に乗りました。

ナパ・バレーNapa Valleyのワインツアーやドイツ・ザクセンSachsenのワイナリーめぐりにも行ったこともあります。地方色豊かなワインを作っています。池田町も更に日本的なワイン文化や歴史を作って欲しいと願っています。

池田町までローカル電車を使ったワインツアーを企画してくれたら楽しかろうに。いい旅に満足しました。

 

日照時間

北海道に来て3ヶ月、秋が過ぎてそろそろ冬の季節になろうとしている。11月下旬、北海道の寒さより日照時間が短くなることに驚いている。朝は6時になっても明けないし、午後3時頃には夕暮れを思わせる気配になります。

理由は東に位置しているだけではなく、緯度が高いためかも?と調べてみると、冬至(12/22)になると下のように違うのです。

  日の出 日の入り 日照時間 南中高度
札幌 7:30 16:03 9時間00分 23.5度
東京 6:45 16:30 9時間45分 30.9度
福岡 7:19 17:15 9時間56分 33.0度

 

何と日の出は福岡より11分遅く日の入りは福岡より12分も早い
そう、緯度が高いと太陽が低く傾いて何となく薄暗くなります。
日の出は遅く、日の入りは早くなり、高緯度の極夜ほどではないが、北海道でも日照時間が短くなったと感じるようになります。

ドイツへ転勤した人が最初に悩むのが、この遅い日の出と早い日没、そう日照時間の短さ(夜の長さ)だといいます。これと似た現象が北海道でもみられるのです。

札幌43.05度、東京35.68度と緯度が7.37度も高い。逆に太陽の南中高度もそれだけ低くなる訳です。これは冬至のお話しで夏至(6/20)では、札幌で70.4度、東京で71.7度ですから大した問題になりません。

寒さより太陽の傾き(暗さ)が気になりだした今日このごろです。