羊蹄山

羊蹄山は恵庭から見ることはできません。恵庭から西方に位置し札幌岳より更に西向こうにあります。

一度も見たことがない羊蹄山を見ようと出かける事になりました。そこで予備知識として事前に勉強して行くことしました。

この写真は、Webから拝借した画像です

1898mの富士のように美しい山で、蝦夷富士と親しまれています。

また、旧名は後方羊蹄山とも云われ1962年 国土地理院の地図で変更されました。

後方羊蹄山はシリベシヤマと読みます。後方(シリベシ)羊蹄山(ヤマ)です。アイヌ語でマテネシリ(女山)が語源だそうですから女性です。尻別岳はピンネシリ(男山)で男性です。いずれも後志シリベシ地方を代表する名山です。

函館本線は函館から旭川までの北海道を貫く幹線です。函館から出発し、森町を抜けて、長万部オシャマンベから内陸に入り、この羊蹄山の裾野を右に巡り、ニセコ、倶知安クッチャン余市ヨイチ小樽オタルと通って札幌、旭川へ向かっています。鉄路が主だったころ、函館から札幌に入るこのルートが北海道の幹線でした。今や空路新千歳空港から札幌に入るので、千歳線が幹線になってしまった。でも新幹線が開通すれば、函館本線がよみがえることになります。

中央が羊蹄山の頂上、左に函館本線が迂回して通ってます

ニセコ駅の東、倶知安駅の南、京極町の西に羊蹄山は聳え立っています。何処からでも蝦夷富士の威容が見られるはずです。

今やニセコはインバウンド観光の中心ですが、明治時代は開拓地の前線でした。ニセコは以前 狩太カリブトと称され1964年ニセコに改名されました。その狩太の開拓前線に目を付けたのが、事業家の有島たけしです。有島武郎たけおの父であります。

有島武郎が代表となって成功検査を受け、自ら所有する土地としました。その面積は300haです。ニセコ一帯を所有したことになります。彼は札幌に住まい、開拓は管理者の吉川銀之丞に任せました。その後拓銀の担保流れを取得し第二農場としました。
タダ同然で取得した有島農園は、今では考えられないほどの値段になります。明治40年代の古いお話しであります。

羊蹄山を見に行った日は曇り空で、残念ながら羊蹄山の全容を見ることはできませんでした。雲間に頂上がのぞいたのを見ることができただけ。再度また来るようにと姿を隠してしまいました。

倶知安市街から、羊蹄山の頂上をチラリと見ることができた。

次回来るときは「その全容を見せて下さい」と頼むようにシャッターを切って一路恵庭へ帰りました。

名山は人を拒む。必ずや晴天の下に蝦夷富士こと後方羊蹄山シリベシヤマを見に来ます。できることなら高山植物を見てみたいが・・・

 

懐石料理に舌鼓み

ちゃんとした懐石料理を頂く機会は無いだろうと思ってましたが、とある和食処で懐石料理を頂く贅沢を味わうことができました。

日本料理はその場所が大切です。茶道ではお茶を頂く場所にぜいを尽くします。同じように懐石料理も、料理を頂く場所や情景が大切です。

夕刻5時頃に和食処わしょくどころに入りました。このたたずまいが和食・懐石料理を頂く気分を引き立ててくれます。
ちょっとフォトジェニックだったので、写真を撮ってみました。

時間をかけてゆっくり頂きました。日頃、飲み慣れない日本酒も頂きました。懐石料理が終わる頃、日も沈み夕暮れになります。

お腹も、気分も満腹にして、家路に就きました。懐石料理を味わう機会は少なくなった今だからこそ、美味おいしさも格別でした。

 

誓願勤行会に参加

北海道から誓願勤行会せいがんごんぎょうかいに参加するのは、これで2回目です。
前回は先生逝去の訃報の6日後2024年12月24日のことでした。

今回の誓願勤行会は、しくも創価学会安置の御本尊がしたためられた5月19日の前日、縁深き日に参加することができました。

荘厳な大誓堂に入って待つこと約1時間、厳粛な空気に包まれました。

創価学会 常住御本尊記念の日(5月19日)、常住御本尊の前で大願を誓う勤行会への参加できました。

常住御本尊があらわされて73年目のこの日、右に「大法弘通慈折広宣流布大願成就」とあり、左に「創価学会常住」とある御本尊を真近まじかみとめられるほどの距離で、拝することができました。

大誓堂は殆ど北海道のメンバーで埋められてました。遠くから来たからからこそ、荘厳な気持ちはたかまります。そしてえにしある日に誓願勤行会に参加させていただくことができました。

遠い北海道に居るからこそ、大誓堂に来る機会に恵まれました。
そして、創価学会本部の御本尊に迎えられ、決意も新たに出発を誓うことができました。

 

5月初旬の恵庭公園

5月の連休も終わり、立夏を迎える頃、北海道では漸く桜が散り、春が終わりを告げます。

そんな時期(5/6)、ふと恵庭公園に行ってみた。歩道の周りに白い花で埋め尽くされていました。ニリンソウの群落です。

まだ、エゾエンゴサクも咲いています。

その他、エンレイソウも花盛りで楽しめます。

自然林の恵庭公園にも、樹木が生い茂る前の一時の花園です。
さあ、これから北海道は花の季節を迎えます。

北海道のイメージは、一面に咲く芝桜、ラベンダー、色とりどりのお花畑でしょうか?恵庭も「はなふる」のガーデンを中心に、色とりどりの花々が咲き乱れます。

 

戸田記念墓園5・3の桜

戸田記念墓地公園(石狩市厚田区望来もうらい)は1977年に開園し、今年開園46周年を迎えました。5・3の記念の日に桜を観に行ってきた。

中央の広場に戸田先生の立像、桜が満開だった

毎年15万人の人出で賑わいます。
開園当時、厚田は寒さ厳しく、特にソメイヨシノの北限は札幌までと言われました。しかし、桜守の 佐々木忠氏の研究とその後の桜守が、丹精込め世話をし約8000本の桜が、今年も燦爛と輝いています。

厚田村の歌碑の前で家族連れが遊ぶ

池田先生はかつて、戦時下の少年時代に抱いた「夢」について語った。「いつの日か、日本中、世界中に桜の木を植えて、皆が『平和の春』を思う存分、楽しめるようにしたい」戸田墓園の桜は、池田先生の平和を願う「心」、そして「この地上から悲惨の二字をなくしたい」と熱願した。戸田先生の「心」そのものである。先生の詠んだ 5・3の詩が象徴してるかのように。

めぐり来る
   五月三日の
     嬉しさに
   同志の笑顔と
     決意の歴史は

戸田記念墓園は広いので、8000本の桜でも密集した気分になりません。北海道の大自然に添えられ咲いているようです。