グローバル・コモンズ

グローバル・コモンズとは、地球規模での公共財とでも言ったら良いのでしょうか? 先日「NHK時事公論2022.06.06グローバル・コモン」(石井菜穂子 東大教授の公演)を視聴し、とても印象に残った。

私たちホモ・サピエンスは、誕生してから20万年、いくたびかの氷河期を生き延びてきましたが、12,000年前に気候が温暖なところで安定し、農耕ができるようになってはじめて、文明を築くことができました。人類文明は安定的な地球環境の賜物なのです。

書き起こしが凄い!「有史以前の地球環境がいま崩れ始めた。」と言う。プラネタリー・バウンダリーと呼ばれる地球システムのドメイン(領域)が今や取り返しがつかない領域にあると言います。

このまま方向転換されなければ、地球システムの安定性は一層損なわれ、灼熱地獄や海面上昇、数知れない生物の絶命、そして食糧調達の困難、といったスパイラルを、止めることができなくなります。

「ぼーっと生きてんじゃねーよ」と言われそうな警告です。しかしそれは、注意深いまなこで観察しないければ判らないことです。

高温で乾燥した空気は山火事を招きやすくなる。ギリシャ中部のエビア島や西部オリンピア近郊を中心に山火事の被害が拡大し、住民ら数千人以上が避難。約2週間で東京23区の1.6倍に相当する1,000平方キロ以上が焼失した。

2021年イタリア南部シチリア島では8月11日、48.8℃を観測。
8月15日ギリシャでの山火事。
北アフリカのチュニジアの首都チュニスでは8月10日、49 ℃を観測し過去最高を更新した。

これは地上の空気に「ふた」をして気温を上昇させる「ヒートドーム」と呼ばれる現象だそうです。

2018年は潮位が高く、普段は浸水しないような小道でも浸水した。

地球温暖化によって最初に沈みゆく悲劇の国と言われている南太平洋のツバルでは「キングタイド」(1-3月の満潮の水位)と呼ばれる潮位が上昇している。

ニューカレドニアの名勝地かつてのアンスバタビーチ

馴染みなあるニューカレドニアのアンスバタ・ビーチでも、海面が上昇して昔の遠浅のビーチがなくなってしまったという。

波がココナッツの木の根元を洗い流しているそうです。

気温変化は、身近なところにも起こっている。日本でも昔は32℃を超えたらニュースになった。今では猛暑日とされるだけだし、雨もただ事ではない。昔はこんな線上降水帯などといった豪雨はなかった。

猶予はあと10年、事態はそれほど切迫しています。
科学からのメッセージが、これほでど明白になっているにもかかわらず、温暖化や生物多様性の喪失には、歯止めがかかりません。人類は自らの手で、繁栄の礎である安定的な地球環境を壊しつつあります。
これを人類共有の資産として「グローバル・コモンズ」と呼びましょう。

グローバル・コモンズが損なわれつつあるのは確かなようです。ウクライナ侵略戦争で天然ガスの供給に支障が出るでけでなく、小麦の供給に支障が出ると世界の食糧危機を招く時代なのです。

17世紀の大航海時代の延長線で、呑気に考えていたら取り返しがつかない時代になっています。豊かな国や地域に暮らす人々には大した問題ではなくても、貧困な国や地域では危機的な状態となります。

われわれ日本でも、エネルギーも食糧の殆どが海外に依存した暮らしになっています。世界中が相互に依存したシステムになってグローバル化しています。

富める国の贅沢は、貧しい国の貧困を助長する構造になっています。大国の横暴が小国を蹂躙する構造になっています。
それは富める大国が貧しい小国をに環境負荷を負わせていることに等しいことでもあります。

先進国で肥満や食品ロスの問題がある一方で、後進国で飢餓や栄養失調が問題になっているのです。

ウクライナ情勢がさらけ出した、国際協力の機能不全と相互不信が渦巻くなかで、経済システム転換をすすめること、グローバル・コモンズを守ろうとすることは、大変に困難なことです。しかし、こうした危機にあっても、私たちには、人類の叡智を振り絞り、国際協力を強化して、一国や一企業では果たし得ない、グローバル・コモンズを守る責任があります。

トランプ政権の時代不法移民取り締まりのためにメキシコとアメリカの国境沿いの分離壁(Trump Wall)を作るような行為にでました。

EUでのシリア難民受け入れ拒否は、ヨーロッパのイスラム化の阻止を主張する人々が中心になり、ヨーロッパの右傾化を招きました。
そして今、世界はコロナ禍に苦しんでいます。

コロナ禍からの回復は、過去への回復ではなく、持続可能なシステムへの転換であるべきです。それは、自然資本の価値づけや循環型経済の推進などを通じ、人類が壊しつつある地球環境の回復、すなわちグリーン・リカバリーを進めることに他ならないと考えます。

グローバル・コモンズの問題の結論は、グリーン・リカバリーだけに留まりません。政治、経済、環境などすべてが、国際秩序(Global Order)の問題を解決することにつながっています。

グローバル・コモンズに目をつぶって過ごせなくなる時代に我々は住んでいます。だから小さな声でも、声を挙げることが大切な時代になっているのです。

 

感傷の 姫路・岐阜の旅

オフクロの介護は1年2ヶ月続いた。最期の頃は昼夜転倒して、これ以上、男一人で介護できないと限界を感じ諦めかけていた。

そんな矢先にオフクロは亡くなった。呆気なく介護が終わり、介護から解き放たれると一人残された寂しさに襲われた。その寂しさを紛らわすように旧友を訪ねて姫路と岐阜へ旅行に出ました。

駅前から真正面に姫路城を望むことができる。

昔、姫路城を車窓からみて、一度は姫路を訪ねてみたいと思っていた。

姫路駅は城を正面にするよう意図的に建てたのだろうか?
駅から見る姫路城は偉容であります。

晴れてはいたが、やはり梅雨空で湿度が高くかすんでいた。これほど堂々として迫力がある城は、皇居(江戸城)以外に無いだろう。

午後になって早めではあったが、旧友と酒をみ交わした。40年も昔からの旧友はこころよく迎えてくれた。
互いに白髪となり人生の大半を終えての再会でであった。

住むところも境遇もまったく違っているが、高齢となったいま、日々の日常のこと、病気や健康のこと、子供や家族のこと、何でも踏み込んだ話しは、飾らずに楽しいものだった。

健康が最大の関心となる後期高齢(75才)を控える身となって、我が人生を俯瞰できるようになったのだろうか?殆どのことを受容できるようになったのだろうか?時間を忘れて語った。

姫路を後に、ゆっくり半日かけて岐阜に向かった。関西の景色を車窓に見ながら、かつて仕事で行き来した頃を思い出した。

遠くに金華山(岐阜城)を望む。その先は百々ヶ峰。

岐阜は出生地ではないが、4才から12才まで過ごした故郷のひとつです。
かつて住んでいいた所は、今どうなっているのか訪ねてみたかったが、岐阜駅に着いたとたんその気はせてしまった。

もう故郷など何処にもない。この数十年でビルが建ち並び、すっかり変貌してしまった。地名だけが昔を偲ばせるだけで、感傷的に故郷をおもうことは諦めました。数十年の時間は懐古的な気持ちを拒絶するほどに遠い時間になったと思い知らされました。

再会した旧友との話は尽きない。自宅に招いていただき、あれこれ話している間に、あっという間に3時間も経っていました。

更に、外で酒を酌み交わして遠慮ない話は尽きませんでした。
かれこれ40年以上にもなるだろうか?ちょっと数えきれないほど昔の旧友であります。
ここでも健康のこと、これまでの経緯や先々のこと、語れば話は切がありません。何もかも時間の流れとともに変わってしまったが、友情は変わらない。否、旧友の友情は磨きがかかってきた。

Lineで「楽しい時間でした。サードライフの準備がんばってね。又 何処かで会いましょう」とのメッセージをくれました。

感傷的なひとり旅でしたが、旧友との再会が楽しさを彩ってくれました。そうね、サードライフの準備にかかろうかね。

 

 

明治神宮御苑の花菖蒲

梅雨空が一時の晴天に明治神宮の御苑にある菖蒲苑へ出掛けてみました。明治神宮の南池の谷筋に菖蒲田があります。
よく管理されていて、今では150種にも及ぶ花菖蒲が有るそうです。林内の坂を降りて南池と隔雲亭を抜けると、急に視界が開け菖蒲苑に入ります。そのあでやかさに目を奪われ、思わず声を挙げてしまいます。

このあでやかさに目を奪われます。梅雨の時期とは思えないほどのあでやかさです。心を晴らすような菖蒲苑でした。

花菖蒲も日本が育ててきた園芸です。あじさいと同じように梅雨時に咲きますが、そのあでやかさでは抜きん出ているでしょう。

 

 

バードウォッチングと釣り

バードウォッチングを始めてどの位になるのだろう?「あの鳥は何っていう鳥?」と興味を持ち始めてもう7年が経ちました。
日本野鳥の会が主催する初心者向けの探鳥会に参加してから5年

野鳥公園でボランティア

そして東京港野鳥公園のボランティアガイドを始めてから3年が経ちました。

野鳥を探し回り、野鳥を観るため旅行し、プロじゃないがバードウォッチングに夢中になると、他人ひとからは「またバードウォッチングですか?」と言われるようになりました。

バードウォッチングのために双眼鏡を買い、図鑑を買い、カメラを買い、望遠レンズを買い揃えるまで、それ相応のお金がががりました。こうなると次第に道楽の域に入ってきたようです。

東京港野鳥公園へ行ってみてください、巨大なレンズのカメラと双眼鏡を持って園内を回ってるひと人にお会いするでしょう。

もし街なかでこんな格好の人を見たら変人です。バードウォッチャーのスタイルというものがありますね。
決して道具を見せびらかしている訳ではありませんが、この公園では、まるでカメラやスコープの展示会のような風景なのです。

「珍しい鳥が来てるよ」とか「何処何処に営巣しているよ」とか「雛がかえったよ」などと野鳥の話題で楽しくなります。

前浜デッキで、単独でキアシシギが来ていた。

先日、妹を誘って野鳥公園へ行ってきました。
野鳥に興味はないが兄(小生)の道楽とはどんなものかと思ったらしい。野鳥公園に始めて来て、一日案内をしました。

妹の感想が面白かった。「バードウォッチングって魚釣りに似てるね」とのこと。そうかも知れない。釣れるかどうか分からなが水辺に日がな一日糸を垂らしてる釣り人は多い。どこか似てる。

亡くなった父の趣味は釣りだった。川では毛鉤てんから釣りに凝ったり、池ではヘラブナ釣りに凝ったりしてた。海の近くに住んでいたら乗合船に乗って釣りを楽しんだと思う。

釣り道具に凝るほどの道楽でした。お手製の釣り竿やお手製の浮きなど、凝ったものを沢山持っていました。毛鉤けばりもお手製で随分たくさん持ってました。道楽は道具から入り、道具に凝ります。

これもバードウォッチングが釣りに似ている所です。双眼鏡を買った次は、巨大な望遠レンズのカメラです。これらの道具は少々高いのですが、そこは道楽で苦心して買ってしまうものです。

道楽も深みにはまると気違いと言われるようになります。釣りキチ三平とか釣りバカ浜ちゃんのように、釣り気違いはいるものです。

…と同様にバードウォッチングも気違いがいるようです。

バードウォッチングも釣りも自然を満喫しながら、お一人様で楽しめる点で同じです。ところが、釣りは獲物がありますがバードウォッチには獲物がありません。バードウォッチングでは上手く撮れた写真が獲物くらいなものでしょうか?

その後、妹の影響か?妹の子(姪)も興味を持ってくれたようで、一緒に野鳥公園へ行ってくれました。その帰り、まだコロナが心配だったが、焼き鳥屋で一杯やりました。

野鳥公園でバードウォッチングしたあと、焼き鳥屋でバードイーティング。このBWEコース(Bird Watching & Eating) は最高!で、
獲物にもありつける、楽しいバードウォッチングとなりました。