73歳の誕生日

この3月29日が誕生日で73歳になりました。同日3月29日の聖教新聞に掲載されていた記事が目に止まりました。

2022年3月29日聖教新聞

これから如何ほどの人生を生きるのか?分からないけれど残された人生のカウントダウンが始まった気になりました。

朝々ちょうちょう仏とともに起き、夕々せきせき仏とともに臥す。題目根本に生き切っていくことができれば、幸いであります。

今月、目黒の学会組織編成があり、役務も全て外れました。

そして今月で新聞配達も卒業します。

これほど時間に自由になった事はない。

健康寿命「男性72歳、女性75歳」と言われています。これからは健康に注意して怪我や病気に気をつけていこうと思っています。

誕生日の頃は桜が満開になります。穏やかな季節になります。

桜の季節のように、人生も穏やかに過ごしたいと思います。気負わずに暮らそうと思います。

地球の裏では戦争が起きています。核の脅威に怯えながら悲惨な戦争が、いま続いています。

仏法に第六天の魔王だいろくてんのまおうという他化自在天たけじざいてんという恐ろしい魔性が説かれています。第2代会長の戸田先生は「核を用いるものはサタンだ」と喝破されました。人類に魔性が立ちはだかっている。
他化自在天は我欲のため、人をほしいままにする生命いのちです。その戦争がいま人々を苦しめています。「戦争ほど、残酷なものはない。戦争ほど、悲惨なものはない。」時代が戦争へと逆行しています。

心から悲惨な戦争を憎む。苦しむ人に祈りを送りたい。3月29日の聖教新聞に池田先生が寄稿された記事があった。その最後に

遠大な未来を見据えつつ、地球民族の安穏を一段と強盛に祈り抜き、草の根の連帯を強く賢く麗しく築き広げていきたい。

とあった。一時、戦争の時代へ逆行するようなことがあっても、地球の平和を、地球民族の安穏を一段と強盛に祈り抜きたい。

参考:2022-03-29聖教新聞_新たな広布の勝利山へ

 

駒場殿の13人

はからずも森家全員が駒場に集まりました。数えたら何と13人!

母のベッドの周りに、ニューカレドニアから来日した妹夫婦、ドイツから来日した長男夫婦、これに次男の家族と姪や甥が加わり私も入れて総勢13人、一同に会したのはこれが初めて

この日は「お寿司パーティー」でみんな大はしゃぎ。
同時にモリパパの誕生日も祝ってくれました。

一寸いいワインをいただきました。

今年一番のイベントに、母も嬉しそうだった。家族ファミリーってイイね。

家族ファミリーになってくれて感謝だ~~。

長男の孫と一緒に記念写真

ドイツから2年ぶりの帰国した長男と、まだ1歳の孫を抱えて記念写真。

こりゃ「長男」が、三代続いた恰好の写真になったw。

孫に囲まれるなんて幸せなことかも知れない。子供や孫たちの成長を楽しむ人生も満更でもないや…

 

遠い国、ウクライナ!

右の声明は創価学会SOKA InternationalのFaceBookに 2/28掲載されました。

翻訳すると….

「戦争の炎はウクライナで広がり続けています。 民間人の死傷者が増加していることは非常に残念です。 多くの人々の生活、生計、尊厳は武力紛争によって脅かされてきました。 これは本当に悲劇的です。 毎日悲惨な状況を見るのは悲痛です。 私たちは敵意の即時停止を強く求めます。」

僕らは、ウクライナのことを知らない。遠い他国のことを歌でしか知ることはない。
遠い国の人々に思いをはせる。同じ人として伝わるものがある。

平和でありたい。その気持は何処いずこも同じ、心から願う言葉です。

若い頃見た映画「ひまわり」のロケ地は、キエフから南へ500kmほど行ったヘルソン州だと言われています。今でも7月下旬頃にキエフから南下して郊外へ行くと、一面に咲きわたるひまわりを見ることができるそうです。

同じ世代の人なら、この画像が説得力を持って迫ってくるでしょう。ここがウクライナなのです。

もうこれ以上は言う言葉はありません。「戦争ほど、残酷なものはない。戦争ほど、悲惨なものはない。だが、その戦争はまだ、つづいていた」

 

ピークデザインのカメラバッグ

カメラ好きならご存じの方も多いと思いますが、ピークデザインPeakdesignのバックパックを買いました。道楽となると、カメラとレンズの他にリュックや小物が欲しくなるものです。

エブリデイ スリング 10L

 

ピークデザインの商品はネットで購入する人が多いとおもいますが、国内正規取扱店は銀座にあります。
実際に手にとって確かめて購入できます。

エブリディ スリング10Lはそこで買いました。超望遠カメラを持参し、現物合せで購入しました。

エブリデイ スリング10Lはやや大きめですが、超望遠カメラと双眼鏡を入れて、近所の公園で野鳥を撮るには適当なバッグです。お気軽に出かけられます。

お店の説明で、驚いたのは「PeakDsignの製品は永久保証ですからレシートを大切に保管しておいてください」とのこと。
本当に永久保証なんてあるんでしょうか?
<失礼ながら将来、デザインの会社があるかどうかもわからない時代なのに…!>

エブリデイ バックパック 30L

さて、やはりバックパックが欲しくなりました。
エブリデイ バックパックの価格を調べてみたら今年の2月8日値上げされてた。(\39,000→\45,000)

値上げで購入をためらってたのですが、日本サイトではないPeakdesignのホームページ(https://www.peakdesign.com)で直接購入できるのを知りました。アマゾンや国内正規取扱店より安く買えるようです。$319.63=36,726円(送料税込み)本体価格$294.30です。

サイトでの購入は、国内のAmazonアカウントが利用でき、意外に簡単でした。

注文したら確認メールが届いて価格や追跡コードの他に、炭素相殺161kg (Climate Nutaral) なんて記載までありました。
<へー!こんなことが重要になる時代なんですね?

手元に届くまで少し時間がかかりました。
香港からのEMSで1週間でした。

このエブリデイ バックパック 30L は一泊程度の旅行に使えそうです。

マイクロフォーサーズのカメラにはちょっと大きめでダブダブですが、空いた隙間を上手く小物で詰めて使おうと思っています。

格好がいいので気に入ってます。何年も大切に使いたいバックパックです。昔からカバンに凝るくせがあって「TUMIのバッグに比べればまだ安い」と自らに言い聞かせ購入してしちゃいました。

蛇足ながら、エブリデイ バックパックの機能ビデオを載せます。

英語が得意でない方は、字幕をOnにして設定から日本語翻訳にしてください。良い翻訳ではないですが、だいたいのことは分かりますからネ。
 

ウクライナ侵略戦争

何としたことか?とうとう戦争になってしまった。ベトナム戦争も湾岸戦争も米国は核兵器を持たない国との戦争だった。今回は違う、相手は核を持つロシアだ。核だ!核の手段がある戦争だ。

冷戦終結の結果、米ロなどで軍事用の予算、人員、技術を民生用に振り向ける可能性を期待した平和の配当もこれで夢と消えた。

Toru KumagaiのFB

ジャーナリストの熊谷徹は刻々と変わるウクライナ情勢伝え、こう言っている。

21世紀にプーチン大統領が始めた侵略戦争は世界を変える。1989年のベルリンの壁崩壊が欧州にもたらした「平和の配当」の時代は、2022年2月23日に終わった。
強権国家が武力で、民主主義国家をねじ伏せる、1930年代のような時代が再び欧州にやってきたのだ

ソ連の栄光をもう一度!と、プーチンはウクライナへ侵攻した。否、侵攻なんかじゃない、これは侵略戦争だ。ウクライナはかつてのウクライナじゃない。民主の自決に目覚めた民主国家だ。

ロシアへの経済制裁が始まった。かつて無かったほどの重大な惨禍を招くだろう。今、世界はグローバル化してます。かつてソ連の時代ではない。金融も自由化され、流通も巨大化し、特に技術進歩とインターネットの普及で世界はとんでもなく変わってる。

アメリカとヨーロッパ各国などは、SWIFTと呼ばれる国際的な決済ネットワークからロシアの銀行を締め出す措置に合意した。
日本もルーブル/円の新規取引を停止し、保証金率を引き上げた。
IT各社はすぐに反応した。もうロシアではApple payもGoogle pay も使えなくなった。

EUはEU諸国は、ロシアの民間航空機を、EU加盟国の空域から締め出すことを決定した。ロシアが報復措置を取ることは確実で、EUの航空会社がロシアの空域から締め出されるだろう。南回りもしくはアンカレッジ経由になるだろう。

国際決済が出来なければ、輸出入の物流は殆どストップする。LNG ばかりか原油などのエネルギー関連の打撃はロシア、欧米の双方に深刻な打撃となるだろう。

プーチンは独裁者だ。ヒットラーと何ら変わらない。

KGB すなわちナチスのゲシュタポや戦前日本の特高警察のような組織から身を起こしたプーチンは、民衆の側に立つことはない。大衆を支配する技術にたけているだけの人間だ。民主的な圧力ではプーチン体制を倒すことはできない。

今も戦闘が続いている。何がどうなってるのか混沌としている。戦闘は激しさを増している。もう後戻りはない。
ウクライナ政府は国家非常事態を宣言し、18~60歳の予備役の市民も招集し1年間軍務に就かせるとした。そして民間人に自衛用の武器の所有と使用を許可する法案を可決した。

これまで他国へ武器を提供しない政策を貫いてきたドイツは第二次世界大戦後初めての方針転換した。

ほとんど世界中を敵に回したプーチンの手で、次はジェノサイドがウクライナで起ころうとしている。戦争の悲惨さを舐める者はいつも力なき民衆だ。

ウクライナの報道を見て、書かずにいられず一気に書いてしまった。力も何もない一庶民ですが、心配で心が痛む。

ウクライナ-コサックよ!負けるな勇敢なコサックよ!