命と申すものは…

出生とか入滅と言うように、命は出てきて入っていくものです。命という泉があって、渓流を下り、やがて大河となり、大海へと入っていくようなものです。仏法の専門用語ですが「是法性の起是法性の滅」と命は説明されています。

命には限りがあります。そのことを受け入れるには少し時間がかかります。それは当人も周囲で看取る者にも言えることです。

小説「いのちの停車場」の中にこんな一節がありました。

車椅子の仙川が、ホワイトボードの前に進み出た。フェルトペンを手に疾患別の死亡曲線を示し、時間の経過と進行を四つのパターンに分けて説明する。
一般的な老衰は、虚弱フレイルの状態を経て非常にゆっくりと死が進行していく。
重度の脳梗塞や脳出血など、発症の直後から数時間に死亡するのが二つ目のパターン。
三つ目に心不全のように急変と回復を繰り返しながらも徐々に状態が悪化し、最後の急変で命を落とすというパターンの疾患もある。
四つ目のパターンとして、癌がある。末期のステージ4と診断されても元気な状態が比較的長く続いて、ある時を境に週の単位で状態が悪くなるケースが多い。(いのちの停車場 p.226)

人の生まれ方は一様ですが、亡くなり方は人それぞれなのです。
いのちの停車場」は在宅での終末期医療のエピソード集です。
自分も今オフクロを在宅で介護していて、身につまされるような思いでこの小説を読みました。

小児癌に侵され、死期を間近に控えた六歳の女児(もえ)とその両親のエピソードにも心打たれました。萌の願いを叶え千里浜ちりはまへ連れて行ったときの親子の会話に、思わず涙腺がゆるんでしまった。

「パパ、ママ。萌ね……」波に足を洗われながら、萌が改まった調子で言う。
「うん?」
「萌ね、癌になっちゃってごめんね」両親は顔をゆがめた。
(いのちの停車場 p.322)

六歳の娘でさえ、介護する両親へこのような思いをもっていたのです。介護される側の気持ちは如何ばかりか?そこに寄り添ってあげることが、介護する者のあるべき姿勢なのでしょう。

主人公 咲和子さわこの父は、骨折から誤嚥ごえんによる肺炎、更には脳卒中のあと神経性疼痛「異痛症アロディニア」に襲われる。軽く触れただけでも激痛が走るようになり、壮絶な終末期を迎えることになります。
自然死か安楽死かという問題にも小説では踏み込んでいきます。

家族が延命治療を希望し、一方で患者本人がそれを望まない場合もあります。どちらの気持ちも無視するわけにはいきません。終末期の状況は刻々と変わって行きます、心も揺れ動くものです。

命を救うという治癒をめざす医療から、人生の終末期を迎えるとき、延命ではない医療の在り方を問う時代になってきました。

いのちとどう向き合うか、医療を超えたところに解決策があるのではないかと思います。それは、信ずるかどうかといった領域の役割です。みずみずしい命となって再び生れると信じられるか?

命と申すものは一身の珍宝なり、一日もこれをぶれば千万両のこがねにも過ぎたり

臨終を前にしてもなお「命と申すものは…」とく信じていたい。

 

北海道でなら元気に過ごせそう

7月9日、北大のポプラ並木を見に行った。懐かしくも何とも無い 。そう北大を受験したのはまだ雪の残る早春だった。こんな青々としたポプラ並木なんかなかった。

今から54年前(1967)北大を受験した。第一志望で自信があったが数学の問題で失敗した。当時は悔しかったが、今では北大を落ちたから人生は面白くなった思っている。

青函連絡船に乗ったことがある。
北大を受験したときだったと思うが、殆ど記憶に残っていない。

北海道は高校生だった頃からの憧れの地だった。そして人生の序盤で躓いた思い出の地だ。あどけない若い頃の思い出です。

後に、大学在学中に北海道上川支庁を1ヶ月かけて調査で廻ったことがある。また、就職が決まって冬のオホーツクを旅行したこともある。新婚旅行は富良野スキー場だった。大阪支店勤務の頃2ヶ月に一度北海道に出張していた。出張先が恵庭の顧客(工場)だった。

故郷でもないところが好きになり移住を決めるまでには、それなりの背景があるのです。
多くの人は仕事の都合で、家族の都合で住む場所を簡単に決めてしまう。住むところは受動的に決めない、自ら決めたいと思う。

一人で移住するのだから、つい慎重になります。いつまで自立して暮らせるか?病院に厄介になる頃にはどうするか?心配すれば切りがない。

今回の旅行では1週間よく歩いた。平均して8000歩/日を超えた。まだまだ歩ける。

帰途Ferry乗り場でみた標語が「元気です北海道」北海道でなら、元気に過ごせそうだ。

PANA2137
苫小牧→仙台フェリーの洋上にて

北海道であと5年、否あと10年元気で暮らせたら有り難いなぁ。

洋上で一人感傷的になる。船旅はロマンチックだ。

 

 

ウトナイ湖

7月8日、初めてのウトナイ湖はあいにくの雨でした。景色さえかすんでいました。

ウトナイ湖は、1991年(H3年)に国内4番目としてラムサール条約に登録されました。また1981年(S56年)に日本野鳥の会サンクチュアリーとしてネイチャーセンターも設置されています。

道の駅ウトナイ湖には展望台まで設置されています。

だれでも身近に感じるウトナイ湖とBird Watcherにはバードサンクチュアリーがあって楽しませてくれます。

雨模様の湖面をみていたら、何か動くものがいます。シカでした。

500haにも及ぶウトナイ湖は大自然の中にあります。さすが北海道です。

BirdWatchingと思い近くの林内の小径を行くと小鳥が騒がしい。アオジかと思ったのですが、カシラダカのように短い冠羽があります。シマアオジの小径と書いてあったので、それかも?

北海道を意味する「シマ」が付く鳥がいます。そのうちシマエナガを見てみたい。北海道の野鳥は勉強しがいがありそうです。

ウトナイ湖にもう一回行こうと頼み込んで、旅行の最終日 7月13日に連れて行ってもらいました。

雨ではなかったが、この日は上手く鳥の写真が撮れませんでした。

自然は気ままですし、どんな鳥に遭えるか分かりません。それがBirdWatchingの面白さなのかもしれません。旅行でなく、住んでいないとできないことです。

恵庭から札幌まで北へ25Kmほど、南のウトナイ湖までも25Kmほどです。車で行くに程よい距離にあります。

札幌のPMF(Pacific Music Festival)やコンサートにも行ける距離でありながら、自然の真っ只中のウトナイ湖にも行ける距離、こんな贅沢が何処にあるでしょうか。

 

久蔵とクラーク邂逅の地、島松駅逓

北海道旅行で初めて島松駅逓しままつえきていを訪れて一つ驚きがありました。中山久蔵とクラークは、明治10年(1877)ここで直接対面していたのです。私の不勉強かもしれませんが、驚きの発見でした。

中山 久藏

中山久蔵という名は知ってました。北海道の魅力は開拓史 お米とワインの稿で、北海道のお米の開拓史として中山久蔵に触れたことがあったからです。
現在、米生産量で北海道は日本一となり食味でも「ゆめぴりか」がブランドになりました。昔の「やっかいどう米」は今は昔の話です。

島松駅逓
左が中山久蔵の碑、右がクラーク博士

久蔵が初めて赤毛種を生産したのは島松駅逓の脇にある50坪ほどの小さな田んぼからでした。
島松駅逓で別れを告げたクラーク博士の碑とともに並んで、久蔵の碑が建てられています。

羊ケ丘クラーク
羊ケ丘クラーク博士立像の先に札幌ドームが見える

羊ケ丘のクラークの銅像は観光で知らない人はいませんが、中山久蔵を知らない人は多いようです。

”寒冷地では稲作は無理”と言ったクラークと”稲づくりの久蔵”として知られる者同士が邂逅したのが島松駅逓です。クラーク50才、久蔵49才この二人同じ年代の人でした。そして島松駅逓で仕組まずしてめぐり逢ったのです。

北海道に残る最古の建物、島松駅逓

札幌から一つ目の駅逓となる島松は、島松川を挟んで北が北広島市、南が恵庭市の境界にあります。

屯田兵には稲作禁制が布かれた頃、この禁制に挑んだ人が久蔵で、北海道に米作事業を成しました。

北大の権威クラーク博士は二十数名の見送りを受けるなか、島松駅逓守えきてい もり久蔵はひそかに見守るようにその光景をうかがったようです。

William Smith Clark

1年契約で来日したクラークの札幌滞在は僅か8ヶ月でしかなかった。

早春4月、この島松で別れに当たってクラーク博士が残した言葉が、今も語り継がれて、北海道のレガシーlegacyになっています。 「青年よ大志を懐け」

“Boys, be ambitious like this old man”
“ Boys, be ambitious in Christ (God) ”諸説ありますが、
“ Boys, be ambitious for what a man ought to be. Gentlemen, good-bye. ” というのが一番穿うがっています。
即ち「人間として役に立つ仕事をするために、人間というものは野心的であらねばならぬ」です。(知的野蛮人のすすめ 岡野加穂留著 P6)

 

レスパイト旅行 恵庭の花さんぽ

レスパイトrespiteとは一時中断とか一時休息といった意味で、介護する者の一時休息のためにレスパイト入院が考え出されました。

オフクロの理解を得て、レスパイト入院している間に、再び北海道は恵庭へ旅行しました。いまも北海道へ移住を楽しみにしていて、今回は恵庭に6連泊のショートステイでした。

7月上旬、東京は梅雨の蒸し暑い季節なのですが、冷涼な北海道は花の季節です。今回の旅行中は雨天が多く抜けるような青い空を見ることはありませんでしたが、それでも路傍や花壇に一斉に咲く花々は、色鮮やかな高山植物のようでした。

再び来て「ここ恵庭は米国中西部のような所」だと印象を持ちました。
現在、恵庭に住んでいる友人SKさんは、以前米国インジアナ州の田舎町に数年暮してたことがあります。その彼が「ここ恵庭はインジアナとそっくりだ。電柱が無ければね…」と言うのですから間違いないでしょう。
アメリカの血筋を引く北海道どころか、気候も米国中西部に似て、ここは米国だといってもいい程です。蒸し暑い東京からみればまるでリゾート地です。

高原の朝、鳥のさえずり、色鮮やかな花壇、風にそよぐ白樺、広く真っ直ぐな道路、ゆったりした住宅地、どれをとってもここ北海道恵庭はリゾート地です。

希望する所へ車を走らせてくれたSKさんに今回大変お世話なりました。SKさんと同じ職場だったのは数えれば35年前のこと、これまで年賀状だけで細々と続いた旧友です。旧友の有り難さが身に沁みます。

またKMさんにも2日にわたって車を走らせて頂きお世話になりました。ホームページ制作で始まったKMさんのお付き合いは2019年7月からで、たった2年のお付き合いです。実は、今回の旅で初めてお会いした新しい友人です。

旧友と新友にお世話になって、充実したレスパイト旅行でした。旧友と新友のご親切に心から感謝して、この稿を閉じます。ありがとうございました。