名前のふりがな

人は何にでも名前をつけたがる。地名も動植物の名前も、更には人名は勿論、世に名前がないものは無いほどであります。
特に日本人は名前をつけるのが大好きで、幼名と元服後では名前が変わり、更に隠居すると雅号を名乗る人まであった。

最近、人の名前の付け方が変わってしまった。
「名は体を表す」と云ってた昔は、漢字の意味や由来までこだわったものであります。

画数まで拘って命名していました。ところが最近では「おん」から漢字を当てるような命名になってしまった。

私の孫の名前はというと、エマ、トーマ、マーヤ、と言います。勿論、漢字の名前はあるのですが、フリガナだけ見ると日本人かどうか分かりません。

古来、ひらがなも当て字が崩されたものですから、日本語そのものが当て字だから、人の名前も「おん」を当てても構わないとは思うが、余りにも元意にかけ離れた当て字や、どう見ても読めない当て字はどうかと思ってしまいます。

戸籍に登記した名前にはふりがながありません。これが読み方は自由といった風潮を招いて、そんな読み方は無かろうと思うような名前まで登場してきました。

戸籍によみがなを登録することが検討されているようです。住民票にも運転免許証にもマイナンバーカードにも、よみがなは表記されていません。これがデジタル化に混乱を招いているという理由で法制化へ検討に入ったそうです。

いっそのことふりがなをローマ字で登録させてはどうかと思う訳です。パスポートだけローマ字で書かれているのに戸籍もローマ字でふりがな表記しても可笑しくはないと思うのであります。
ヴァ、ヴィ、ヴ、ヴェ、ヴォのV行や、ダ、ディ、ヅ、デ、ドのD行も、ワ、ウィ、ウ、ウェ、ヲのW行などローマ字で表記したほうが後々のことを考えると良いと思のだが如何でしょう。
でも頭の固い人たちが法制化を検討するだろうから、きっとふりがなをローマ字表記することは無いでしょう。

北海道のアイヌ語はおおらかで、固有名詞が殆どありません。
もともとアイヌ語には文字が無いから、命名したり記録することがなかったからでしょう。
しかし、このおおらかさが窮屈な文化を作らずにすんだのです。名前が付いていないものがあっても良いのかもしれません。

人の名前も「おん」を当て字で命名することは、おおらかさの象徴かもしれません。漢字、ひらがな、カタカナの他に英数字まで加えてみてはどうだろう?
ふりがなに英数字を加えること大いに結構などだと考えてます。

 

岸田内閣がおもしろい

2017年のことだったが、なんと!日本は核兵器禁止条約に反対した。唯一の戦争被爆国として核兵器の廃絶を訴えながら、アメリカの核の傘に守られている日本は、核軍縮は核保有国と非保有国が協力して段階的に進めるべきだとして、反対に回ったのだ。

その中で、岸田氏は「核兵器の数を減らすには、核兵器を持っている国を巻き込まなければ動かない。賢人会議には、協力して核兵器のない世界を目指すために議論してほしい」と講演した。

岸田文雄外相(当時)の努力によって、腐心の末に核軍縮「賢人会議」が発足したことを思い起こしてしまった。

IDNに池田先生が寄稿したように、本質は、核保有国と非核保有国との対立にあるのではなく、「核兵器の脅威」と「人類の生存の権利」の対立にこそあるのだ。

その本質に立ち戻って、ぜひ議論を今一度 進めてもらいたい。

2021年10月4日、岸田首相が誕生した。安倍や菅とは違った方向を打ち出した。

佐藤 優は、さすが外交の視点鋭く良く見抜いていると思う。

また、岸田首相は「新しい資本主義」を掲げた。これまでアベノミクスという新自由主義まがいの政策に対し異議を投げかけた。
里山資本主義を意識しているのではないかと思ってしまった。
里山資本主義は、藻谷とNHK広島取材班の造語だそうだが、里山資本主義が注目されている。おもしろい。

以前(2014年)、公明党でも藻谷氏を呼んで「地域経済と里山資本主義」と題した講演会を開催したことがある。

岸田の「新しい日本型資本主義」がどういったものになるのか興味が沸く。批判や障害を巻き起こすことになるかも知れない。
もう過去の遺物となった新自由主義やマネー資本主義の経済システムを、ここらで変える政策を試みて欲しいものです。

お金に依存しないシステムを再構築しする考え方まで行かなくても、マネー一辺倒の経済に対して、疑問を投げて欲しい。

さあ!総選挙だ。勝たねばなるまい。

 

講習会に参加して自信をなくす

我ながらスナップ写真がヘタであります。どう撮って良いものやら分からなくなって、お金を払って講習会に参加してみた。

LUMIX「銀座で撮影!単焦点レンズで撮る街角スナップ」講師コムロ ミホ に参加したのであります。

座学は1時間ばかりで、後は銀座に繰り出し街角スナップ撮影に興じ、最後にLBT(LUMIX BASE TOKYO)会場に戻り一人一点のスナップ写真を披露して、講師から講評をいただく。

参加した皆さん大したもんで、中々のスナップ写真を撮られていました。

私は写真を披露するつもりはなかったのですが、指名をされて出したのがこれ(右の写真)です。

恥ずかしいから拡大できないようにヒッソリと載せます。

なんとも不評で、これ何?って言われても「銀座だよ」としか説明できません。?説明にならない。

講習会に参加して、すっかり自信をなくしてしまった。

才能がないのでしょう。友人も酷評しきりで、落ち込むばかりであります。どうも芸術性も才能もないのでしょう。

だが、才能無くても好きで撮ってりゃ誰にも迷惑かけないんだから良いや。

芸術性の無い自分が云うのも何だが、そもそも日本の街がキレイじゃないんだ。日本の悲しい景観破壊にも書いたが、こんな芸術性のない街に暮らしているから、センスがなくなるのだろう。

でも、芸術性のないままに、暫く写真家気取りで撮りまくろうと思っています。少々やけくそになってますが、講習会のときに、銀座で撮った写真を載せておきます。

外苑前のLumixのLBT会場を出たら、もう日が沈んでいた。

 

おばけ バケ、バケちゃま♪

初めてレスパイト入院した病院で「おばけが出た」とオフクロが言った。病院にうわさが立ってはいけないと内緒にしていた。

その病院には本院と分院が2つあって、2回目のレスパイト入院では、別の分院に入るようお願いした。そして今度は、おばけと立ち向かえるように、お守り御本尊を携帯して入院した。

内緒にしていた筈のおばけ話は、何のことはないもう病院中に広まっていた。病院のソシアルワーカーも看護師も知っていた。

果たして2回目のレスパイト入院でおばけちゃまが出たのか?
やはり別のおばけちゃまが出た。でも今回は撃退したそうです。

孫のおばけちゃまのお歌のようなら、おばけは怖くないんだけど‥ね。

2回目のレスパイト入院から帰ったオフクロは、入院前より元気になって帰ってきた。入院中食事も完食していたらしい。

オフクロの主治医は「おばけと仲良くなり、とても元気になって帰ってらっしゃいました。」との診療レポでした。

 

有明海の「シギチの聖地」

レスパイト旅行で、有明海の荒尾干潟、東よか干潟(大授搦だいじゅがらみ)に行ってきました。シギチ(シギとチドリ)の2大聖地と言われているほど有名で、一度は行ってみたかったところです。

特に、荒尾干潟はNHKの「さわやか自然百景」(2021/2月)に、単一の干潟としては国内最大級の面積を誇る渡り鳥の楽園として、紹介されました。毎年およそ3000羽のシギやチドリの仲間が冬を越すために集まる人気スポットなのです。

シギチを見るには夏羽の方が初心者には分かりやすのですが、この時期(10月初旬)は夏羽がほぼ冬羽に切り替わる時期で、識別が難しくなる季節になります。

観察の面白さ、奥行きの深さはシギチは別格。私のような素人には難しかったのですが、東よか干潟でみたハマシギ、オバシギの飛翔は圧巻で感動しました。シギチに嵌りそう!

ダイナミックなシギの飛翔を見ているだけで大満足でした。
こんな風景に出会えるとは思ってなかっただけに、まるで生き物のように飛び回るシギの大群の飛翔写真を撮りまくってました。

最初オバシギだと思ったのですが、写真を専門家に見てもらったら、以下のコメントを頂きました。ハマシギだったんですね。

オバシギは飛翔時に腰が白く見えますが、ハマシギは腰の中央に黒線が入り、両脇が白くなります。また、腹部の黒斑は幼羽か夏羽から換羽中のものと思われ、お写真はハマシギだと思います。

干潮になってしまうと、シギチは採餌のため遠く離れた干潟へ行ってしまいます。だから満潮時前後の1,2時間が見どころです。

10月6日の日の出はam 6:14、満潮はam 8:51、これに合わせて満潮1時間前後から観察するように計画しました。

以下は、前日(10月5日)に観察されたシギチドリで、21種だったと報告されていました。(東よか干潟 情報より)

*アオアシシギ*アカアシシギ(3羽)*ウズラシギ(2羽)  *オオソリハシシギ(10羽)*オオハシシギ(2羽)*オグロシギ(21羽)*オバシギ(322羽)*キリアイ(10羽)    *コアオアシシギ*コオバシギ(6羽)*シロチドリ(54羽)  *ソリハシシギ(1羽)*ダイシャクシギ(23羽)*ダイゼン  *チュウシャクシギ(1羽)*トウネン*ハマシギ*ホウロクシギ(20羽)*ミヤコドリ(1羽)*ムナグロ*メダイチドリ

シギチの種も多いことながら、これを夏羽・冬羽、更には幼鳥など見分けるには相当なキャリアを積まないとできません。

まだまだシギチに関して素人で、大群で来ていたハマシギ、オバシギ、ダイゼン、それに嘴が特徴的なオオソリハシシギくらいしか識別できませんでした。

さて2大聖地の一方の荒尾干潟にも、満潮時に合わせて行ってみたのですが、シギチは全く観察できませんでした。

地元の方にお話を聞くことが出来ました。

時期としては、シギチが少ない頃だそうです。荒尾干潟はアサリの宝庫で、昔から稚貝をかなくてもアサリは豊漁だったそうです。しかし、諫早干拓が出来て、以降不漁が続き昨年はアサリ漁ゼロとなったそうです。更に今年も大雨のせいで2年連続アサリ漁ゼロとなった。

荒尾干潟のダメージは、シギチにも影響が出ているのでしょうか心配になりました。ラムサール条約の登録が取り下げにならなけれが良いのですが…、自然環境のバランスは微妙です。来年はアサリ漁が元に戻るといいのですが…と願うばかりです。

シギチには会うことが出来ませんでしたが、アオバトに会うことが出来ました。ラッキーにも遠くからですが写真が撮れました。

荒尾干潟で思わぬ贈り物(アオバト)を頂き、大満足でした。

実は双眼鏡でアオバトを確認できたとき思わず走り出してしまい、アオバトを驚かせ逃がしてしまったのです。(;´д`)トホホ…