原油市場正常化への試練

この記事は3年以上前に投稿された古いものです。

思いもかけぬ原油安が続いて久しい。原油安も限界に来ています。4月17日 増産凍結の合意は、また先送りされました。
イランの経済制裁解除によって、増産でシェア挽回したいイランとそれに腹を立てるサウジが、まるで冷戦状態にあって、イエメンでは代替戦争が続いています。

世界の経済・統計 情報サイトより

原油市場は、消費国と生産国の駆け引きの時代から、生産国どうしの同士討ちの状態になってしまいました。

アメリカのシェール・オイルは倒産多発揺れる中央アジアとロシア経済悪化ナイジェリアベネゼーラアンゴラの経済危機 何よりもサウジ自身も我慢の限界に来ています。

そろそろ市場が正常化しないと、世界いたるところで事件が起きそうです。もう世界に警察官(アメリカ)は居なくなりました。
世界は自律の時代を迎えようとしているのですが、その最初の試練が原油市場の正常化となるのでは?

日本経済にとって原油安はボーナスだなんて、のほほんとしていてはいけません。世界の経済は密接に繋がっています。
何処かでダメージが起こると、日本経済も混乱してしまいます。