コロナ・パンデミックへの対応

新型コロナによるパンデミック宣言(3/31)がなされてから、世界では急速に新型コロナの蔓延が進んできました。

2020年はオリンピック(Olympic)で盛り上がる年だと思ってたが、新型コロナのパンデミック(Pandemic)に襲われました。
人類を脅かす感染症は過去にもありましたが、人の動きは、昔とは比較にならないほどグローバル化で、速く感染が広がります。

COVID-19 CORONAVIRUS PANDEMIC Last updated: March 22, 2020, 01:20 GMT

今日の統計で世界で30万人が感染し1万3千人が亡くなりました。(3/22現在)

特にイタリアは悲惨です。5万3千人が感染し、4,825人が亡くなりました。

今やヨーロッパがコロナ感染の中心になっています。

日本国内では新型コロナ感染対策がとられて、一定の成果が出ているのでしょうか?感染者は1,054人、亡くなった方は36人に留まっています。

創価学会も2月18日から会合を自粛してきて、1ヶ月経ちました。更に3月末まで会合中止を決めています。
こうなると学校が休校になってる子どもたちばかりか、だれもが外出を控えることでストレスを感じるようになってきます。

今日の聖教新聞で先生が寄稿してくれました。

学び続ける人は「聡明な人」です。

家から出なくてもできることがあります。読書です。またとない。読書の機会です。

既にヨーロッパ各地で外出禁止令が出されています。日用品などの買い物以外は、外出できません。

百万人当たりの感染者数でみると、今のイタリアは886人です。スイス793人、スペイン545人、ノールウェー399人、オーストリア332人、ドイツ267人、イラン245人と続きます。

日本は百万人当たりの感染者数は8.3人です。北海道でも30.1人です。2/28以来全道一丸となって取り組んでいますが、まだ収束する段階には至っていません。

これから先、いつヨーロッパのようなパンデミックになるか判りません。日本でもいつオーバーシュートが起き、外出禁止が宣言されるか分かりません。
しかし家の中でもできることがあります。それは読書です。読書は思索です。

聡明な人間とは、
生涯学び続ける人である。
旺盛な向上心。
求道心をもった人である。