懐かしき時代に一人想う

目黒の国立博物館付属自然教育園へ一人でバードウォッチVögel beobachten散歩に行って口ずさむように出てきた歌があった。なんとPPMのPuffです。

Puff, the magic dragon lived by the sea.
And frolicked in the autumn mist in a land called Honahlee.

未だに憶えているんだから、高校生の頃の記憶って凄い。
いつまで経っても忘れないのですね。

  • 500 miles
  • Where Have All the Flowers Gone
  • Blowin’ in the Wind
  • Leaving on a Jet Plane
  • This Land Is Your Land

確か反戦の歌だった。その後、大学に入って反戦運動はますます盛んになっていった。何を叫んでるのか分からなかったけど反戦は、僕らの象徴だった。反戦を唱えないのは、馬鹿だ、無気力だ思われていた。不真面目な奴だと思われていた。

あゝ、それがどうしたって言うのか?反戦はベトナムだけじゃなかったと言うのに、それがどうなった?

公園を歩きながら、一人歌を小声で呟いてみた。
あれから50年以上の歳月が経ったようだ。それが今の世界だ。

そうだ、あさって大学祭があるはずだった。のぞいてみよう!

 

moripapaブログの関連投稿です