立冬の浜離宮

浜離宮こと旧芝離宮恩賜公園に行ってみた。「今朝の冬」という立冬の始めになると、日本庭園では冬仕度が始まるらしい。

松の幹の「菰巻」が始まり、「霜除け」を作り始め、「雪吊り」を飾る。風情豊かな日本庭園の初冬の風景です。

静かな池にキンクロハジロが浮かび、カワウが餌を探して潜り、時々カワセミもやってくる。

幕末、紀州徳川家の芝屋敷だったところで、関東大震災の翌年、大正13年に開園したという。ここは鴨場だったところで、今も潮入の池などのカモを見ながら逍遥できます。

 

moripapaブログの関連投稿です