生命いのちは、それ自体うつくしく詩的なもの

この記事は3年以上前の古い投稿記事です。

新・人間革命”求道”の章が連載されている。先日”求道15”でこんな表現が、

人間の持つ、まばゆいばかりの生命の輝きをもって、”心の財”をもって、真実の仏法の力を証明してきたことだ。

また今日”求道18”では…

 涙は、太陽の光に照らされれば、銀の真珠となり、時に黄金の光彩を放つ。信心ある限り、苦闘は、燦然たる人生の栄光となる。

命の、生命を謳歌することは、詩的な表現になるのかもしれない。命は、生命はそれ自体うつくしく詩的なものかもしれない。