個人情報を蒐集するGoogle,Amazonが怖い

Googleのサービスが充実してきて、今やGoogle無しでは何もできなくなりそうです。またAmazonのPrime会員になっていて、これにも独占されそうな気分になっています。

Googleフォトから先に話をしましょう。「10億人超えのGoogleフォトを支える人々が考えていること」の記事にある通りです。
携帯で写真を撮ったら、Googleフォトに自動格納されて、便利で使ってました。

またスマホのLINEに送られてきた写真をGoogleフォトに格納しあとでPCで編集したりして、便利に使い始めました。

使い方は、単にStorageとしてでなくアルバム化したり、それを共有化して使っています。共有化で気軽に送ることもできます。すべて無料ですから、便利すぎて使いまくっています。

Googleマップも、スマホで簡単に利用しできるので、ちょっと調べるとき便利に使っています。

以前はゼンリンも地図提供してましたが今や地図は、Googleマップ独壇場です。

以前Googleマップはサイトに掲載しても無料でしたが、2018年7月16日から有料化され、API登録が必要となりました。API(Application Programming Interface)を取得して、自分のWebサイトに貼って利用しています。それでも企業レベルの利用者出ない限り、殆ど無料で使えます。

Googleサービスが素晴らしいうえ、最初は誰でも無料で使え、つい自分のWebツールとして利用しています。

でも考えてみれば、API取得した際に自分の個人情報をGoogleに知らせてますのでチョット心配になります。

個人情報が流出することは無いとしても、どこでどのようの使われるのか?ユーザーには分かりません。

個人情報を蒐集して、Big Dataとして利用されているかも知れません。

個人情報の最たるものは顔です。無断で人の顔写真を撮ったり、それをSNSに載せたりする無神経な人がいますが、大問題です。

もっと凄いのは、Amazonです。AmazonのPrime会員になってショッピングを楽しんでいますが、これも個人情報をAmazonに預けてしまってます。消費傾向や嗜好情報もAmazonに蒐集されます。

Amazonは本の通販から始まり、今では殆どの商品を扱っています。どういった買い物をしているか?で生活が見えます。

Amazonには意識されない個人情報が蒐集し、毎日Dataが積重なってBig Dataとなっていきます。

こういった個人情報をどう利用するのか?ユーザーの利便性に使うのは問題ないでしょうが、問題ない範囲が何処までか検討されているのでしょうか?

Amazonが運営する
クラウドサービス

Amazonは、AWSという強力なネットシステムを持っています。
AWSを使ってみて、その巨大さと速度に驚きました。
噂ではアメリカの国防省ペンタゴンもAWSを利用しているそうです。

実在しない人物の顔をAIで生成
フリー素材として公開される日も近い

最近、実在しない人の顔写真を無限に生成できるWebサイトがあるようです。
写真素材として使うもので、実在しない人物なので、モデル代も使用許可も必要ありません。

現在は、AIが作った品質が不安定だそうですが、いずれ実在しない人物と出会う事でしょう。

顔も声も実在しない人物に恋する日がくるかもしれません。怖くなって来ました。

ネットによるパラダイム・シフトとは、とんでもない未知の世界です。未知と遭遇する時代に入ったようです。

少々大げさかもしれませんが、我々は大変革の時代の真っ只中にいるような気がしてなりません。」と書きましたが、けっして大げさではありません。IT革命は、まだまだ序の口のようです。