近所で野鳥撮影

カメラを持って、近くの駒場東大構内や目黒川付近を散策、野鳥撮影の練習をしています。

動きが速く小さな野鳥はなかなか上手く撮れませんが、それでも何枚か撮ったなかには、ちゃんと写っているものがありました。

  • 電線にムクドリ2羽と青い空
  • 春めいた池で、のんびりとマガモのオス
  • マンション前の樹の梢にとまるムクドリ
  • 早春の池に浮かぶカルガモたち
  • 胸張って歩くのが特徴のツグミ
  • すばやく小気味よく歩くセグロセキレイ
  • 人里に馴染むのは、やはりスズメ
  • スズメも立派な野鳥です
  • 大股で二足歩行で歩くムクドリ
  • 目黒川にいたオオバン
  • 目黒川で見つけたコガモ
  • 土の中から小虫をみつけるシジュウカラ
  • 駒場東大構内でみたシジュウカラ
  • 東京に本格的に住み着いたホンセイインコ
  • 駒場東大構内でみつけたヤマガラ
  • 小さな餌を丹念に食べてるヤマガラ
  • 可愛いがられる野鳥の代表ヤマガラ
  • 正面のネクタイが決まるシジュウカラ
  • 碑文谷公園、こんなところにキンクロハジロが来てた

 

まあここまでは、カメラを買えば出来るところかもしれません。もう一歩、深みにハマって「野鳥を撮る」ことを趣味にしようと思っています。

野鳥の特徴をうまく捉えた写真、キレイな写真、生き生きとした生態を撮りたいと思っています。
そのためにはもう少し勉強したほうがいいと思い、一度デジカメの講習会に行ってみようかと思っています。

やはり、習い事は教わった方が近道ですからね。

 

moripapaブログの関連投稿です