大寒、老梅とバードウォッチング

一年で最も寒さが厳しい大寒という季節に、いち早く咲き誇るのは「老梅」です。その花の透明感のある黄色い花はうつむきに咲きますが、もう春が来ていることを知らせてくれます。

春一番も近いことを知らせます。命を育む自然の力をあらためて感じさせられます。

コロナの再発で東京港野鳥公園は1月11日より休園になってしまいました。野鳥公園のボランティア活動もできなくなりました。最近は、近くの駒場野公園でバードウォッチングをしています。

こんな小さな都市公園でもときどき珍しい野鳥を見かけ楽しませてくれます。
中でも見ることがむ難しいウグイスを見たときは感動しました。

メジロに混じってウグイスがひょっこりと姿を現しました。メジロの群れに誘われ、油断して薮から出てきてしまったようです。
ウグイスの囀りはもっと先になりますが、春が楽しみです。