支笏湖ブルー

支笏湖しこつこは新千歳空港から西へ42Km 標高248mの不凍湖ふとうこです。冬季、湖畔で「氷濤ひょうとうまつり」が行われています。

自宅から日帰りで行ってきました。出かけた日は寒波が来て、零下10℃を超える寒い日でした。外で1時間半も過ごしてたら芯から冷えてしまいました。

幸いにも小雪がぱらつく程度で氷濤ひょうとうを見て回ることができて、写真を撮ることができました。

氷濤ひょうとうを見ているだけで寒い。こおりつくような寒さとはこういうモノかと思います。でも支笏湖ブルーを見に多くの観光客が来ます。氷濤ひょうとうはスプリンクラーで作った人工物ですが、支笏湖のボート乗り場の氷柱つららは自然にできた支笏湖ブルーです。

寒い、寒い氷濤ひょうとうを見に大勢のお客様がやって来ていました。夕方からライトアップするので、泊りがけで来られるお客様もいて、観光地は大賑わいです。

札幌雪まつりは176万人の来場で賑わったとかで、2月11日終了しました。そしてすぐに崩され撤去されてしまったそうです。

氷濤ひょうとうまつりは氷の塊なので簡単に撤去できないと思います。溶けるまで待つのでしょうか?どうでもいいような心配をしながら支笏湖をあとにしました。寒かった!寒かった!

風不死岳を見ながら、支笏湖をあとにしました。