2018年、明けましておめでとう。

2018年(平成30年)明けましておめでとうございます。

明日の晩は「最高の満月Super Moon」を迎えます。先月12月の Super Moonは残念ながら曇り空で、見ることができませんでした。明晩はどうでしょうか?見えると良いですね。

先月12月の本部幹部会で池田先生は、このように仰ってました。

…どうか、健康で無事故で、大満月の如き所願満足の栄光の人生を、共に仲良く朗らかに充実させていってください。
よいお年を!

古希の色は、紫です。

今年は、モリパパも数えで70才となり、「古希」を迎える歳となりました。
日本では60才の還暦まで満年齢で数えますが、70才古希からは数え年で数えるようになります。妙な風習です。
まぁ旧暦へ、ライフシフトするってことでしょうか。70才ともなれば旧暦と二本立ての暮らしが向いているのでしょう。

公明新聞2017年5月31日に掲載された記事

小説「隠居すごろく」の主人公(徳兵衛)じゃありませんが、気楽な隠居を思い描いていた隠居暮らしが、安穏とはほど遠い展開になるようなものです。
とかく男の⽼後の⽣き⽅は、古今総じて難しさがあるように思えてなりません。昨今、徒然に考えます。

昨年11月の百年会のOB会で元気な同期が集まりました。その時「ボク等の世代は、何歳まで元気なんだろう?人生100才時代は、ひょっとして僕らが作るのかもしれない。」と思ったもの。

去る12月26日、三砥会(OB会)の友人Oさんが亡くなりました。
心からご冥福をお祈り申し上げます。じつに生死は不測です。
みずからも、果たして何歳まで元気でいられるかはいざ知らず、ともあれ健康でありたいと思います。健康長寿こそ宝聚です。

大満月の如き所願満足の栄光の人生をめざし「わが新しき決意」を胸に、今年も「合言葉は前進」です。


<<追記>>
果して東京では、1月2日見事な大満月を見ることができました。