スマホとタブレットとPC

この記事は3年以上前の古い投稿記事です。

今年振り返ってみてつくづく思う。スマホとタブレットとPCの順なんだということを!

以前、最近の傾向が少し分かってきたような?ことを書いたけど、認識が甘かった。

Palm Top
Palm Top

こんなPalmTopなんて、聞いたこともない人が殆どになちゃって、スマホをPalmTopと比較するなんて愚かでした。
スマホ(iPhone,Android)は、しっかり市民権を得たようです。
生活の中でスマホをいつも持ち歩き、携帯電話やメールの他に、調べたいことがあってチョイ見をするのは当たり前になりました。
スマホで書き込むには冗長だったり、Webサイト全体を見たいとき、タブレットを使います。見るだけならタブレットで充分です。
そして、PCの役割は使い慣れたキーボードで書き込む場合に使うだけです。PCでしかできないことは少なくなりました。
Codingが必要なもの、画像編集が必要なもの、複雑な編集が必要なDocumentなど、限られたものになってしまいました。

Steve Jobs
Steve Jobs

Steve Jobsが今のような世界を描いて、iPhoneやiPadを開発したのなら、本当に天才ですね。
モリパパなんか、スマホは携帯電話に無線LAN接続が付け足された程度にしか考えてなかったから、所詮PCの機能には及ばないと思い込んでしまったんです。また、スマホはPalmTopに電話機能が付いたものではありません。こりゃ立派なPC端末です。

とにかくITの世界の変化は激しい。これだけ無線LAN(Wi-Fi)が発達し、生活の中に入ってくると、また何かが起こりそうな気配を感じます。

On line Storageは、どんどん使いやすくなってきましたし、Cloudも顧客の争奪戦を展開しているし、Paas(AWS、Azure)やVPS (Virtual Private Server)などもしのぎを削っています。

あまり先入観を持たないで、スマホとタブレットとPCとお付き合いしていきましょうかね。
モリパパは「これからはWi-FiとCloudだ」と思っていますが、これまでもIT音痴でしたから自信ありません。

moripapaブログの関連投稿です