シャルル・フランソワ・グノーの曲いいね!

この記事は3年以上前に投稿された古いものです。

この曲オラトリオ「死と生」Mors Et Vita(Death and Life) は、名曲100選に入っていたものですが、トランペットで始まりながら、優しくロマンチックな曲に出来上がっています。

シャルル・フランソワ・グノー
Charles François Gounod
シャルル・フランソワ・グノー(1818-1893)はフランスの作曲家で、アヴェ·マリア、ファウスト(Faust,1859)、ロメオとジュリエット(Roméo et Juliette,1867)で知られる。
グノーは聖職者だったが、最終的には作曲に身を捧げた人物だった。

moripapaブログの関連投稿です