我が街 駒場

この記事は3年以上前の古い投稿記事です。

toudai
東京大学 (駒場)

駒場には、東京大学(教養部)都立駒場高校国際高校都立総合芸術高校日本工大駒場高校筑波大付属駒場高校 などの学校や、 東大先端研究所もあります。
maeda
旧 前田侯爵 邸
民芸館
民芸館

また、駒場公園 にある旧前田邸(洋館と和館)日本民芸館や 小さいけど劇場(こまばアゴラ劇場) まであります。

アゴラ劇場
アゴラ劇場

これまた公園地帯で、 駒場公園の他に、ケルネル田んぼがある 駒場野公園、 野公園の拡張部(旧通信研究所)まで できちゃいました。
そのほか留学生会館、公務員社宅などなど本当に公共施設が多い地域なんです。 商店街のお店は少ないのですが、東大の森の中に隠れるようなお店 ルヴェソンヴェール、があったりします。

roses

また、モリパパのマンションの前に以前バラ園があって、歴史あるバラ園でした。そのバラ園の同好会がつくった 駒場バラ会なんていうものがあります。

また同じマンションに住んでる方がこの辺りの紹介をしている趣味のHP 渋谷West、があります。 駒場の地はなかなか良いところですよ。

 

目黒創価学会の中の駒場支部

mekoku写真は目黒創価学会の中心会館「目黒国際文化会館」でです。みんなメコクと言ってます。昔は「目黒平和会館」で メヘイだった所です。目黒不動近くにできた会館が「目黒平和会館」、即ちメヘイになり、 昔のメヘイがメコクになりました。(ややこしいけど分かる?)

駒場支部は、碑文谷にあるメコクから見れば、北の外れで「猫のしっぽ」なんて云われ 辺境扱いされたこともありましたが、統監順で最初に出てくるのは駒場支部です。

また目黒の中では一番都心に近く、 もっとも信濃町に近い支部です。何と言っても東京大学を支部内に抱え、駒場支部から東大生が育つんですヨ。

駒場支部の歴史

‘09年12月旧駒場支部と長者支部(大橋)が一緒になり、今は駒場長者支部となってます。

西暦 和暦 出来事 12月統監 支部長 婦人部長
1970 S45 9月縦線からBに組織移行となり、駒場総Bが駒場支部の始まりとなる。初代支部長(総B長),婦人部長に飯野夫妻が就任。   飯野辰雄(故人) 飯野栄子(故人)
1971 S46        
1972 S47 10/1正本堂落成      
1973 S48 7/8都議選()      
1974 S49        
1975 S50        
1976 S51 2/3飯野辰雄支部長が急逝。川東清治さんが支部長、山口ひろみさんが婦人部長に就任。   川東清治(2/4~) 山口ひろみ(2/4~)
1977 S52 3/25目黒平和会館落成/記念勤行会、7/10都議選()      
1978 S53 9/22第1回駒場支部総会(目黒平和会館2F白金の間)      
1979 S54 4/24池田先生第3代会長勇退、北条会長になる。駒場支部歌完成 (♪緑したたる~)
9/1第二回駒場支部総会(金井宅)。10/7衆議院選挙(東京3区池田克也)
  橋本順一  
1980 S55 9/1第2回駒場支部総会(金井宅)      
1981 S56 第1期「人材育成の5間」が始まる。6/22衆院選、7/5都議選(高橋なおま)     岩崎信子
9月~
1982 S57        
1983 S58 4/区議選(小林道夫)、12/18衆院選      
1984 S59        
1985 S60 7/7都議選(高橋なおま)惜敗 209世帯    
1986 S61 第2期「安定実現の5間」が始まる。7/6衆院選 222世帯    
1987 S62 4/区議選(小林道夫) 230世帯    
1988 S63   244世帯 森一夫
9/17~
 
1989 H元 7/2都議選(東野秀平初当選)。
9/29、駒場支部総会を「駒場ふれあいプラザ」として「雪村いずみ」さんをお招きして、 駒場小学校体育館で開催
243世帯    
1990 H2 2/18衆院選、11/28池田先生が総講頭罷免される、12/27学会が破門される(祝・破門) 240世帯   秋山美恵子
9月~
1991 H3 第3期「総仕上げの5年間」が始まる。 3月旧駒場地区分割し、松見坂,駒場,東大,駒場公園の4地区体制となる。
4/21区議選(寺島芳男初当選)
  秋山正夫
4月~
 
1992 H4 9/15、池田先生が目黒平和に立ち寄られ、激励。9.15は第二目黒の日(目黒宝寿会の日,東山支部の日)となる。
9月から勤行要典が変わりました(長行も五座も無くなり大幅短縮)
     
1993 H5 6/27都議選(東野秀平)、7/18衆院選      
1994 H6        
1995 H7 4/24区議選(寺島芳男)      
1996 H8 第4期「七つの鐘のスタートの5間」が始まる。 5/19支部健康セミナー(駒場住区センター)。10/20衆議院選挙(東京比例区 野村沙知代)      
1997 H9 東大駒場寮が廃寮になるのをニュースで先生の奥様がご覧になり、 4/28、池田先生が花水木通りを車で通られた。これを記念して駒場支部の日を4・28と制定していただいた。(5/9)
7/6都議選(東野秀平)
150世帯 栗原正行
10/21~
増田セイ子
1998 H10 2/4増田宅隣家出火、日頃の信心の結果類焼を免れる。3/29大阪交流で目黒区幹部会(京阪文化会館)。 4/26第1回支部の日記念勤行会(信濃平和会館)。7/12参院選(東京選挙区浜四津敏子)。 10/18駒場支部総会(目国ワールドホール)。11/7支部セミナー(講師於保DR:大橋図書館集会室) 168世帯    
1999 H11 4/25区議選(寺島芳男)。4/29第2回支部の日記念勤行会(栗原宅) 170世帯   堤順子
10/20~
2000 H12 学会創立70周(11/18)、4/29第3回支部の日記念勤行会(栗原宅)。6/25衆院選 (小選挙区は遠藤乙彦の応援) 179世帯    
2001 H13 4/24第4回支部の日記念勤行会(世界青会館5F勝利の間)、5/3アメリカ創価大学開学、 6/24都議選(東野秀平)      
2002 H14        
2003 H15 「栄光・大勝の」、4/27区議選(寺島芳男)、11/9衆院選   森一夫
12月~
 
2004 H16 「創価完勝の」      
2005 H17 「青・拡大の」4/29第8回支部の日記念勤行会(目国)、7/3都議選(東野秀平)、9/11衆院選     中島英美
11月~
2006 H18 「青・躍進の」4/19第9回支部に日記念勤行会(目平)、9/15~20「平和への大道展」を駒場エミナース(現在のプラウド駒場マンション)で開催。11/9原田会長就任、12月政務調査費問題で目黒区議全員6名が総辞職。   仲宗根宗吾
11/23~
 
2007 H19 「前進・勝利の年」4/22区議選(石橋仁)      
2008 H20 「人材・拡大の年」   下川洋太郎  
2009 H21 「青・勝利の年」7/12都議選(斉藤康弘)、8/30衆院選(衆院選8S惨敗)、 12/20統監整備に伴い長者支部と合併、駒場長者支部として発展することになりました。 167世帯    
2010 H22 駒場支部は無くなり、4/29駒場長者支部として第1回支部記念勤行会(目黒平和)が開催されました
池田先生会長就任50周(5/3)、学会創立80周(11/18)「創価完勝・青躍進の年」
    駒場支部としては終わりです