百年会のOB会

百年会、これは三井金属に同期で入社したメンバーが、創業100年目に入社したことに因んで、命名したものです。
当時の入社研修は、この大勢がゾロゾロと事業所を回りました。研修後、独身貴族は夜の街に繰り出し、初めての街で、旅行気分でした。こんな研修(親睦?)を一月以上続ければ、一段と仲良くなるのは当り前であります。

1974年入社当時のメンバーです(百年会メンバー)

その同期メンバーも現役時代は集まることがなかったのですが、2,3年前から誘いあってOB会をやるようになりました。
昨年は7/16三井クラブで開催、今年は11/11上野庄やで開催しました。「これからも在京メンバー中心に、年一回ていど開催しようや!」ということになりました。皆さん、そういったお年頃になったのです。かれこれ43年の歳月が流れ、皆さん殆ど退職し、孫もいる爺さんになりました。それにしても気が置けない人たちばかりで、酒を呑んでは益々元気、まるで現役の頃のようです。

入社した頃、結成した軽音楽バンド「エスカルゴEscargot」の演奏会が、今年11/2ありました。2年前、実に35年ぶりに元メンバー4人で再結成したそうです。このバンドのドラムスは百年会の幹事長です。モリパパも一時エスカルゴのメンバーだったこともあり演奏会に毎回誘って頂いてます。

平均年齢は67歳を超え、自称 ZKB(前期高齢者バンド)だと言っています。それに何とメンバー5人の内、4人がガン経験者だそうで、大丈夫か?と思いきや実に元気で、イパネマの娘Garota de Ipanemaを弾かせたら最高です。

また、トライアスロンにハワイIRONMAN World Championshipまで遠征する人もいて、この元気にはかないません。
何でも85才まで、出場を目標にしているそうで「その時ゃ、応援にハワイまでいくぞ!」と変な約束をしてしまいました。

ボク等の世代は、何歳まで元気なんだろう?
人生100才時代は、ひょっとして僕らが作るのかもしれない。