本日は芒種!

芒種ぼうしゅとは、のぎのある種、即ち稲の種を蒔くことらしいのです。
その昔は、今頃に種まきをしたのでしょうか?

現在では田植機用の苗床への種まきは4月中旬でしょうか?
芒種の今頃は、分げつ成長の真っ盛りで、青々と株が生い茂っている頃です。
いまは、昔の稲作とは季節感が違っています。

でも、日本は豊葦原の瑞穂の国ですから、稲作の季節が基準になるのは自然なことですね。

これは小麦の芒、稲にも少し芒があります
参考:これは小麦の芒、
稲にも少し芒があります

さて、九州も、近畿も梅雨入りしました。関東の梅雨入りは何時になるか、気になる頃になりました。
食中毒が発生しやすく、体調を壊したり、鬱陶しい季節になりますから、気をつけて過ごしましょう。

この頃、あじさいがとても綺麗です。
日本ではの紫陽花あじさいの花は梅雨の雨によく似合います。(近所で写真を撮っただけでこの通り、あじさい満開です)


moripapaブログの関連投稿です