真夏に聞くクラシック

この記事は3年以上前の古い投稿記事です。

どうも日本の夏は厳しすぎて、クラシックが似合わないのですが、ヴィヴァルディ(Antonio Vivaldi, 1678-1741)の夏の嵐の激しさは、日本の夏に似合っているかもしれません。

ヴィヴァルディの「四季」協奏曲第2番ト短調、RV.315 の「夏」のうちの夏の嵐です。

270566_615

それに、ベルリン・フィル 第1コンサートマスターの樫本大進かしもと だいしんの演奏がこれまたすごい。

Youtubeからどうぞ。



34℃、35℃、36℃と… こんな風に今年の夏はムチャ暑い!!