150年を迎える北海道

北海道と命名されて150年を迎えるそうです。明治2年(1869)
8月15日の太政官布告で、蝦夷地を北海道とするとされました。この北海道の名付け親が松浦武四郎ということだそうですが…

松浦は音威子府おといねっぷで、アイヌの総長アエトモから「アイヌは自分の国のことをカイ(加伊)と呼ぶ」と教えられたことをもとに後年、彼は「蝦夷地」を「北カイ(加伊)道」と呼ぶよう提案しました。
明治2年(1869)と言えば、まだ明治政府は混乱期にありました。旧幕府軍の榎本武揚が函館で蝦夷共和国を建て(1867年)、五稜郭の陥落(1869年5月)で戊辰ぼしん戦争は終結、その頃のことです。

北海道の姉妹州は、米マサチューセッツ州です。マサチューセッツ北海道協会というのがあって「北海道及び11 カ 国86郡の名付け親 松浦武四郎の生涯」といった論稿を出しています。今では、海外にも知られた北海道命名の親、松浦武四郎です。

畿内 東海道 東山道 北陸道 山陰道 山陽道 南海道
西海道、ここには北海道がありません。

正式に北海道と名付けたのは、明治政府ですが、これが振るってるのです。

律令制の五畿七道の七道に倣い、北海道を加えのです。

東海道、西海道、南海道まであったのに北海道がなかった。北加伊道ほっかいどうではなく北海道としたことで、松浦の本意でないにせよ、東西南北が全部そろったという訳です。当時の明治政府の高官は味なことをやったものです。

良くまとまった松浦武四郎の紹介記事がありましたので、抜粋を掲載しておきます。興味ある人は読んでください。

「北海道の名付け親 松浦武四郎の足跡を訪ねて」

松浦武四郎は文政元年(1818年)伊勢国一志郡須川村(三重県一志郡三雲町小野江から松阪市小野江町となる)に生まれ明治22年(1888年)に没す。

28歳から42歳の成壮年期に蝦夷地を六度にわたって踏査し、詳細な内陸地図(東西蝦夷山川取調図)を完成。

36歳のときは開国史上もっとも重大な年であった。領土拡大に燃えるロシアはプーチャーチンを遣日使節として樺太国境確定交渉に来た。

松浦武四郎は自伝に「ロシアよりカラフトの境界の事を申来りしが故、彼地の事を委しくなしたる者は無かと御尋にて、我が殊の外官より探されし由なりけり」と書いているが当時、松浦武四郎こそが蝦夷地にもっとも詳しい人物であった。

彼は幕府の蝦夷調査係として雇われ、1856年以後、三度、彼にして四・五・六度目の調査を行った。

明治二年、「蝦夷地道名国名郡名之儀申上候書付」によって「北海道の名付け親」と言われるようになった。

しかし、この「北海道」は、彼の「北加伊道」の本意を汲み取ったものではないことは明らかだ。

もし、彼の「北加伊道」を正確に意図する政策が取られていたなら、彼は六ヶ月間の短さで開拓判官を辞任しなかったであろう。

また、「丁巳東西蝦夷山川地理取調日誌」「戊午東西蝦夷山川地理取調日誌」「近世蝦夷人物誌」が発禁とならずにその思想が広く受け入れられていたなら、我々日本人は植民地政策で自国の文化を押し付け、ことば、文字、文化、尊厳を奪うような愚かな行為をしなかっただろう。

松浦武四郎は日本人による暴虐に苦しむアイヌ民族の側にたった唯一人であり、その記録の中にこそ、私たちが進むべき道がある。

北海道の名付け親 松浦武四郎の足跡を訪ねて」より

北海道地 図の変遷-江戸初期から明治初年まで-
高木崇世芝提供

松浦武四郎は「東西蝦夷山川地理取調図」を生み出した。

そして「丁巳東西蝦夷山川地理取調日誌」「戊午東西蝦夷山川地理取調日誌」「近世蝦夷人物誌」など、松浦武四郎は単なる冒険家ではなかったようです。
人道的な心根を持ってアイヌと接したようで、寒い北海道を徹底的に粘り強く現地調査した人は、松浦を除いて他にはないでしょう。

今年(1/17)のニュースで北海道150周年記年の行事が企画されていることを知りました。

1/20に、北海道150周年記念事業のロゴマークも決まり、来年2018年に向け、北海道は熱も入ってきたようです。
どんなイベントになるのか楽しみです。

モリパパは、北海道が大好きな一人です。かつて上川支庁の全市町村を訪ね、土壌調査に一ヶ月も歩き回りました。
また冬のオホーツクの流氷を見に行ったのはS49年のこと。
また、新婚旅行は富良野でのスキーツアーでした。これは後に、女房のうらみを買いました。女房は海外旅行に行きたかったそうです。

できれば北海道に住みたいと思ってるくらいなのです。小椋桂は「自分の夢は人に語ることによって実現する」なんて言ってるそうですが、実現できるかな?その日を楽しみに北海道研究です。