新しいリーダーシップ

新しい時代なのだろうか?社会で女性が活躍する時代のリーダーシップについて、坂東眞理子(昭和女子大学総長)は新時代の女性リーダーについて、こう語っています。

  • Learning Leader:一緒に学習するリーダー
  • Serving Leader:奉仕するリーダー
  • Caring Leader:世話をするリーダー
  • Inclusive Leader:活動に巻き込むリーダー

今や、高学歴で、強い権力志向、偉そうな立ち振舞いのリーダー像は姿を消しました。更に、リーダー像そのものが、男性的イメージではなくなっています。そう、今や女性の時代です。
女性も「与えられた仕事を明るくこなす、素直で元気ないい子」から抜け出し「組織の有能な一員として責任を持って働くこと」が求めらています。

少なくとも「高みに立って同志を教訓することではない。リーダー自らが一個の人間として、決意と情熱と行動をもって進むべき道を示し、共感をもたらしていく生命の触発作業」(新・人間革命大山の章 54) このなかにリーダー像があります。

最もみっともないのは、上からの説明をメモして、自分なりに咀嚼もせずに、下に説明する伝達係の様なリーダー達であります。
こんな人を見ると何とも胸が悪くなります。

無能なリーダーほど裸の大様です。誰も彼を注意しません。誰もが見て見ぬふりをしています。
それでも気がつかない裸の王様は、得意になって偉そうに、知ったかぶりして訓育しているのです。

そして、男性しかリーダーにならない組織は、もう衰退するしかありません。ジェンダー平等に縁遠い人たちは、いま本当に反省しなくてはなりません。HeforSheが理解できるまで…

追記:3月8日は国際女性の日です。