シューマンの一生

Robert Schumann
Robert Schumann

SchumannはRobertとClaraの夫婦一緒に編集してみました。
交響曲第3番変ホ長調”ライン”を Düsseldorfでライン川を眺めながら聞くと、
この曲がホントに良く解ります。Düsseldorfへ行く機会があったら是非どうぞ!

Robert:5人兄弟の末っ子として、両親のすすめで大学で法学を学んだが、
音楽の道を捨てきれずClaraの父についてPianoを学び、ずいぶん回り道をして音楽の道に入りました。
そしてClaraと恋に落ち、裁判をしてまで結婚。
それから16年(弱冠46才)精神障害の末に一生を閉じてしまいました。
でも短い人生の中で名曲を残してます。もう少し長生きしてたらネ。

Clara Schumann
Clara Schumann

Shumann Tomb

Clara:天才少女のPianistとして期待され、その後Robertと大恋愛、父の猛反対に屈せず結婚。
Robertの精神障害に苦労し、子育てをしていきます。
そのRobertが亡くなってとき、Claraは37才という若さなんです。 Bramusとの噂はあったにせよ、ともあれClaraは77才で亡くなるまで40年間独身を通しました。
今はRobertのBonnの墓に一緒に仲良く眠っております。

西暦 年齢 年齢 生涯 作品
1810 0才   Robert:Zwickauで生まれる。  
1811 1才      
1812 2才      
1813 3才      
1814 4才      
1815 5才   ≪フランス7月革命≫  
1816 6才      
1817 7才      
1818 8才      
1819 9才 0才 9/13Clara誕生(父Friedrich Wieckはピアノの名教師として知られていた)。  
1820 10才 1才    
1821 11才 2才    
1822 12才 3才    
1823 13才 4才 Clara:FriedrichはClaraにだけPianoを教育し「第二のモーツァルト」に仕立てようとし、他の子供の育児を放棄していたという。  
1824 14才 5才 Claraの母(Marianne)が家を出る(叔父のPrauenに移る)。  
1825 15才 6才    
1826 16才 7才 Robertの父が亡くなる。   
1827 17才 8才 Clara、9/9自宅でPiano協奏曲(Mozart)を演奏。

≪3/26 Ludwig van Beethoven逝く≫
 
1828 18才 9才 Robert:Universität Leipzigに入学。Klavierkonzert a-Moll op. 54を作曲を始めたが、これは未完のままとなり1845年(17年後)にやっと完成する。
≪RobertとClaraとの出会い≫
Clara:Gwant Hausの演奏会で初めて演奏し天才少女として有名になる。
 
1829 19才 10才 Niccolo Paganini(47才)に自作のporonesを聞いてもらう。  
1830 20才 11才 Clara:父とDresdenへ演奏旅行。天才少女として熱狂的な人気を博す。
Robert:Friedrich Wieckに師事しPianoを習うため、Wieck家に寄宿し始める。
 
1831 21才 12才 Clara:9/25演奏旅行の際、Götheの前で演奏し”才能ある芸術家Clara Wieckのために”という銘文を刻んだ青銅メダルをもらう。  
1832 22才 13才 Clara:4月~父Friedrich Wieckと共にParisへ演奏旅行。しかしParisではコレラ大発生で集客に失敗。旅行途中(11/18)LipzigのGewant hausで開いた演奏会で、Robert作曲のSinfonie Nr.1-1を演奏。また初めてRobertの母に会う。
Robert:作曲第1作をClaraに演奏してもらうが、ある意味「刺身のツマ」であった。
≪Goethe亡くなる≫
 
1833 23才 14才 Robert:Sinfonie Nr.1-1は大幅改訂され、2/18 Sachsenで、4/29 GewantHaus で演奏されたが、成功とは言えなかった。  
1834 24才 15才    
1835 25才 16才 Clara:MendelssohnやChpinの前でRobert schumann の曲を演奏。Chpinは「僕の練習曲集を弾ける唯一のドイツ人女性」と絶賛。  Klavierkonzert a-Moll op.7:Clara作曲の唯一のピアノ協奏曲
1/32/3
3/3
1836 26才 17才 Clara:Dresdenで音楽理論と声楽を学ぶ。
Bethovenの記念碑をボンに立てる発起人に名前を連ね、寄付のために幻想曲(Fantasie op.17)を作曲した。
クララとは結婚の約束をするが反対され、心は不安定。幻想曲(Fantasie)は、その心の不安定さが現れている。
  Schumann: Fantasie op.17
 by Anna Fedorova
1837 27才 18才 結婚の約束をするが、Claraの父 Friedrich Wieckに大反対されRobertとの交際を禁止される。  
1838 28才 19才 Clara:オーストリア皇帝は1838年18歳のClaraを「天才少女(Wunder Mätchen)」と呼び、
オーストリアでもっとも栄誉ある「王室皇室内楽奏者」の称号(外国人女性の立場では前例のない名誉)を与え、
 
1839 29才 20才 結婚の許しを求める裁判を起こす。  
1840
 
30才
 
21才
 
裁判に勝訴し、9/12結婚。
この頃二人で歌曲を作曲。
<歌の年>と言われるほど100曲以上のLied(歌)を書きまくった。
 
1841 31才 22才 Robert:Gewant HausでSinfonie nr.1 全楽章をMendelssohnにより演奏され、実質初演となる。
9月長女Marieが生まれる。
Symphonie Nr. 1 B-Dur Op. 38 “Fruhling”春:交響曲第1番変ロ長調作品38「春」
1/42,3/4
4/4
1842 32才 23才 <室内楽の年> Klavierquintett Es-dur Op. 44:ピアノ五重奏曲変ホ長調作品44
By Martha Argerich Piano
1843 33才 24才 父Friedrich Wieckと和解。Felix Mendelssohnが開校し自ら院長となった、Leipzig音楽院での作曲とピアノの教授に招聘される。  
1844 34才 25才

1/25 St.Peterburgへ夫婦で演奏旅行へ出かける。
その後、Robertは精神病に悩まされ始めDresdenに転居。
(この年、Mendelssohn亡くなる)

 
1845 35才 26才   Klavierkonzert a-Moll op. 54:ピアノ協奏曲イ短調 1/4
2/43/4
4/4
:シューマン唯一のピアノ協奏曲。翌年1/1にライプツィヒにおいて妻クララの独奏と、Gewandhausorchester LeipzigのFerdinand Hillerの指揮により初演。
1846 36才 27才    
1847 37才 28才 Dresdenに移る(2男3女)。11月Mendelssohnが亡くなる。
Clara:女性が作曲家になる事は世間に認められておらず、女性というだけで曲を正当に評価してもらえなかったため、ピアニスト及びピアノ教師として生きる事を決意する。
 
1848 38才 29才    
1849 39才 30才    
1850 40才 31才 Robertが9月Düsseldorfの指揮者となり、家族と共に Düsseldorf へ転居。 Symphonie Nr. 3 Es-Dur Op. 97 “Rheinische”ライン:交響曲第3番変ホ長調
1/42/43/4
4/4
:1851年2/6,Düsseldorfにおいて自身の指揮で初演。
Concerto for Cello and Orchestra in A minor, Op.129:チェロ協奏曲イ短調作品129
By Andreas Brantelid , cello 、:生前には演奏されなかった。
1851 41才 32才 何と3ヶ月でSinfonie Nr. 4を書き上げてしまうという凄まじさ。最も充実した日々だったようです。 Sinfonie Nr.4 in d-Moll op. 120  (Bernstein)
:1841年に作曲され、1851年に改訂。1853年12/30 Düsseldorfにおいて自身の指揮で初演。
1852 42才 33才    
1853 43才 34才 秋 Johannes Brahms (20才)とJoseph Joachim に出会う。 Das Violinkonzert in d-Moll (WoO 23):ヴァイオリン協奏曲ニ短調(遺作)
1a1b
2a2b
1854 44才 35才 Robert精神病に犯され2/27 Rhein川へ投身自殺(未遂)、入院。
Brahmsは家の近くに住み、家の面倒をみた。末っ子Fericks生まれる。
 
1855 45才 36才    
1856 46才 37才 7/29Robert亡くなる。
最期の言葉「Ich weiß」が没後、150年を経た現在でも Bramsとの不倫説が絶えない原因となった。
また、Claraはこの頃、作曲をやめピアニスト及びピアノ教師として生きる事を決意していく。
 
1857   38才 Clara:1月ゲバントハウス(Gewandhausorchester Leipzig)で演奏会。  
1858   39才    
1859   40才    
1860   41才    
1861   42才    
1862   43才    
1863   44才    
1864   45才    
1865   46才    
1866   47才    
1867   48才    
1868   49才    
1869   50才    
1870   51才    
1871   52才    
1872   53才    
1873   54才    
1874   55才    
1875   56才    
1876   57才    
1877   58才    
1878   59才 夏Frankfurt音楽院に迎えられPianoを教える。10月Pianist 50周年記念の演奏会開催。  
1879   60才    
1880   61才 5月Schumann memorial(Bonn)でBrahmsと再会。  
1881   62才    
1882   63才    
1883   64才    
1884   65才    
1885   66才    
1886   67才    
1887   68才    
1888   69才    
1889   70才    
1890   71才    
1891   72才    
1892   73才    
1893   74才    
1894   75才    
1895   76才  
1896   77才 5/20脳出血で亡くなり、BonnのRobertの墓に一緒に眠る。  

文中マーク
はウキペディアにある解説です。また
マーク
はYou Tubeに掲載された曲・動画で、新規タブで表示します。
表の中で緑色の文字はモリパパの個人的な書き込みです。