ブラームス(Brahms)の一生

この記事は3年以上前の古い投稿記事です。

Brams(young)
Brams(young)
往年のBrams
Old Brams

Humburg生まれの厳格なドイツ人といった風格があります。
若いときは苦労したがようですが、大作曲家となり大成し、名声と地位と経済的にも恵まれました。
保養地Starnberger Seeや貴族の保養地Bad Ischl、Paerchach am Wörthersee、Hofstetten bei Bientz(Thun湖)など、なんとも素晴らしい保養地で夏を過ごしています。
また、演奏旅行でヨーロッパ中あちこち旅行してますが、本当は旅行好きだったんでしょう。
作品は、慎重で、何度も推敲し、練り上げたような偉大なものを感じます。偉大なBrahmsに乾杯!!
ClaraSchumann_liso
Clara Schumann

若い時(20代)、Schumann一家と親しく、特にClara(14才も年上)とは特別な関係だったんです。
Claraとの関係を研究する人まで出る始末で、本当のことは分からないところが良いところじゃありませんか?
しかし一生独身で過ごすことになり、間違いなく寂しかったと思います。
不思議にもClaraが亡くなった翌年、Bramsも亡くなってしまうんですネ。

西暦 年齢 生涯 作曲
1833 0才 5/7Hamburgで生まれる。父Johann Jakob Brahmsは、市民劇場のコントラバス奏者であった。また母Johanna Henrika Christiane Nissenは17才も年上であった。  
1834 1才    
1835 2才    
1836 3才    
1837 4才    
1838 5才    
1839 6才    
1840 7才 父の友人Otto Friedrich Willibald Cossel(Pianist)に付かせ学ぶ。  
1841 8才    
1842 9才    
1843 10才 Cosselの紹介でEduard Marxsen(作曲家、Pianist)に師事。  
1844 11才    
1845 12才 Edward Marxsenで学ぶ。  
1846 13才 レストランや居酒屋でPiano演奏で生計を補った。  
1847 14才 11月Mendelssohnが亡くなった時、Marxsenは「例え一人の巨匠が亡くなったにせよ、同じように素晴らしい才能が、この少年の中で花開く」と書いている。夏Winsenのギーゼマン宅で過ごす。  
1848 15才 夏、Winsenのギーゼマン宅で過ごす。
solo Pianistとして公式で初の独奏会を開いた。
この頃の作品は150とも言われた。
1849 16才 独奏会を開いた。  
1850 17才    
1851. 18才   スケルツオop.4を作曲
1852 19才   19才以前の曲はBrahms自身で「未熟な作品」として破棄された。
1853 20才 4月、Hungarian violinistのEduard Reményiとconcert tourに出る。Winsen、Lüneburg、Celle、Hanover、Weimerへと。Hanoverでvirtuoso Joseph Joachim(22才)と会い、Göttingenで再会、2ヶ月近く共同生活。WeimerでのFranz Liszt, Peter Corneliusとの面会は不調で、Reményiとはここで分かれる。DüsseldorfでRobert(43才) and Clara(38才) Schumannと出会い、賞賛受けた。Leipzigで自作品を演奏・出版する。12月にHumburgに帰る。 ソナタ第1番(Joachimへ)
ピアノソナタ第2番(Claraへ)
1854 21才 HanoverのJoseph Joachimのところで作曲活動。Hans von Bülowを紹介される。
Robert Schumannが2/27Rhein川へ投身自殺(未遂)入院の報を聞き、Düsseldorfに駆けつける。Schumannの家近くに住み面倒をみた。
 
1855 22才 このころの記載がないので、勝手に推測するんですが、青年Bramsの転機だったじゃないでしょうか?
22才のBramusが36才の姉のようなClaraに想いを寄せたのも想像に難くないし、人生の先輩で音楽的にも才能あるClara婦人は魅力的だったんじゃないかと思う訳です。この頃からBramsは大作曲家への道を踏み出していくんですね。
Sinfonie Nr. 1を作ろうと思い立った。
1856 23才 Robert Schumann(46才)死去。最期の言葉「Ich weiß」が没後150年を経た現在でもBramsとの不倫説が絶えない原因となった。
葬儀はJoachimとBrahmsが取り仕切った。
 
1857 24才 Claraの紹介もあって、10月からDetmold宮廷に3ヶ月仕える。Köln音楽院からの教授要請も断り自由な生活を選んだ
意外にこの頃、苦しみ悩み、音楽家として力をつけていったと考える方が当たっていると思うのですが、どうでしょう。wikiKonzert für Klavier und Orchester Nr.1 d-Moll op.15:1859年1/22初演、自身の独奏ピアノ、ヨーゼフ・ヨアヒムの指揮。
Konzert für Klavier und Orchester Nr.1 d-Moll op.15 YouTube (with Krystian Zimerman and Leonard Bernstein)
  25才 夏に2回目のDetmold宮廷仕えを終え、GöttingenでAgathe von Sieboldと恋仲になる。  
1859 26才 GöttingenでAgatheと婚約まで交わすが、一通の手紙が原因でAgatheから婚約を解消され破綻。3回目のDetmold宮廷仕えを最後に辞退してしまう。  
1860 27才 Winterthürへ移転
wikiString Sextet No.1 B-Dur Op.18:弦楽六重奏曲第1番変ロ長調op.18(Agathe六重奏曲)

YouTubeString Sextet No.1 B-Dur Op.18
1861 28才 Wienに旅行後、Hamm(Hamburg近く)に移る  
1862 29才 6月Rhein Music Festival(Köln)に参加。Clara Schumannに逢いHumburgに帰る。Wienに居を移し、Weiner Singakademieの指揮者となる。Richard WagnerとElisabeth von Stockhausenに出会う。
財政的成功を手に入れた後も質素な生活を好み、単純な3部屋のアパートに家政婦と住んでいた。朝はプラーター公園を散歩し、昼には「赤いはりねずみ:Red Hedgehog」のレストランに出かけるのが習慣となる。
 
1863 30才 30才の誕生日にHumburgに戻るが、途上Stockhausenの依頼で6月Singakademieに戻る。  
1864 31才 Singakademieの指揮者契約更新。  
1865 32才 1/30母Christianeが死亡。2月Karlsruhe,Winterthür,Zürichへ旅行。
wikiString Sextet No.2 G Moll Op.36:弦楽六重奏曲第2番
wikiEin deutsches Requiem op.45
:ドイツ・レクイエム
wikiSixteen Waltzes for piano, four hands Op.39《4手のためのワルツ集》
YouTubePart1
YouTubePart2
YouTubePart3
YouTubePart4


YouTubeMvt.1のみ


YouTubeWaltzes 1-5

YouTubeWaltzes 6-11
YouTubeWaltzes 12-16
YouTubeCzech Suite D-Dur Op.39 15
1866 33才 8月Zürich,Baden-Badenへ  
1867 34才    
1868 35才 Wienに居たが、Joachim,Stockhausenと共にGermany, Austria, Hungary, Switzerland, Denmark, Netherlandsに旅行。5月Hamburg。  
1869 36才 大ヒットとなったハンガリー舞曲で、作曲家として名声を確立でき、大きな転機になったと思います。
wikiUngarische Tänze WoO.1
:ハンガリー舞曲集(6曲)出版
YouTubeNr.1 by Tomomi Nishimoto

YouTubeNr.5 by Tomomi Nishimoto
1870 37才    
1871 38才   『8つの小品』(作品番号76、1871年)
1872 39才 2月父Jakobが死亡。
9月Gesellschaft der Musikfreundeの指揮者となる。(~1875)
 
1873 40才 夏はStarnberger See
に滞在する。
 
1874 41才 夏、Rüschlikon, Ziegelhausen, Sassnitz, Hamburg, Lichtenthalを旅行。
Max Kalbeckと出会う。
 
1875 42才 8/8 Gesellschaft der Musikfreunde(楽友協会)の指揮者再契約。夏旅行で詩人Gottfried Kellerとの交友。  
1876 43才 21年の歳月をかけてSinfonie Nr.1は完成した。
師匠Schumannは17年、この弟子は21年。Sinfonie Nr.1は気負うんかな~。
指揮者Hans von Bülowが「Beethovenの10番目の交響曲の様だ」「三大B」だと絶賛したとのこと。
しかし当人は「長ったらしくて、ちっとも愛すべき作品でないのができた」と彼らしい評価。
(でもホントにそうかもネ)

Mannheimに夏期旅行。RügenでHenschelに出会う。
12月Wienに帰る。
wikiSinfonie Nr.1 in c-Moll, op. 68:着想から完成まで21年だが、この5年間で集中して取り組み完成。KarlsRuheの宮廷劇場で初演。
その後も種々改定が加えられた
YouTubeSinfonie Nr.1 in c-Moll, op. 68
参考:モリパパ投稿「パーヴォ・ヤルヴィ(Paavo Järvi)とドイツ・カンマー・フィルハーモニー(Die Deutsche Kammerphilharmonie)」
1877 44才 University of Cambridgeから名誉教授の称号を受ける。Leipzigでコンサート。
Elisabeth von Herzogenbergと組み(恋仲)、
Paerchach am Wörtherseeに旅行。そこでSinfonie Nr. 2, D-Dur op.73を書き上げる。
親友のBillroth
(外科医)はこの曲を聴いて「Paerchachとはどんなに美しいところなのだろ」
と感想を書き残しているとか。
wikiSinfonie Nr. 2, D-Dur op.73
YouTubeSinfonie Nr. 2, D-Dur op.73 (Kurt Masur, Gewandhausorchester Leipzig)

「ブラームスの『田園』交響曲」と呼ばれる(Sinfonie Nr.1の第4楽章のほうがもっと田園らしいのにな~。でも第4楽章最後は圧巻)
1878 45才 初めてItariaを旅行(以後計9回も旅行)。Itaria旅行から帰ってPaerchachでViolinkonzert D-Dur op.77を作曲開始、12月Wienで完成。前年同様、晩夏Leipzigを訪れ、また自作演奏のためHamburgを訪問。 wikiViolinkonzert D-Dur op.77
YouTubeErster Satz 1/3
YouTubeErster Satz 2/3
YouTubeErster Satz 3/3
YouTubeZweiter Satz
YouTubeDritter Satz:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品77
1879 46才 名声を得、地位も安定し、この頃から揺るぎない大音楽家として堂々たる作曲をしている様な気がします。Bramsの自信を感ずる曲が続々と生まれていると思うのですが、  
1880 47才 5月Schumann memorialにBonnを訪ね、Clara Schumann(61才)と再会。その後夏旅行をSuissのBad Ischlに変えた。 ハンガリー舞曲集第3集、第4集、バイオリンソナタ、二つのラプソディー、ピアノ3重奏曲、運命の女神の歌、食卓の歌、
wikiAcademic Festival Overture In C Minor, Op. 80
YouTube1/2
YouTube2/2
:大学祝典序曲
1881 48才 2回目のItariaを旅行。2月Meinigen court orchestraからの依頼で年末Meinigenに旅行。 悲劇的序曲、哀悼歌、
wikiKonzert für Klavier und Orchester Nr. 2 B-dur op. 83:ピアノ協奏曲第2番
YouTube By Krystian Zimerman Piano, Leonard Bernstein
1882 49才 2月Berlin、春Wien、夏Bad Ischlに滞在する。 弦楽5重奏曲
1883 50才 夏WiesbadenでHermine Spiesと出会う。 wikiSinfonie Nr. 3 in F-Dur op. 90
YouTubeBy Leonard Bernstein, Wiener Philharmoniker
:Hans Richterは「この曲はブラームスの『英雄』だ」と言った。
1884 51才 夏Meinigen、それからMürzzuschlagへ滞在。ここで交響曲第4最初の2楽章を書いていた。  
1885 52才 8月交響曲第4の後の2楽章を書き、Elisabeth von Herzogenberg(恋人)に手紙で、作品の完成をにおわせている。
10月、自身の交響曲第4のリハーサルでMeinigenへ、すぐにドイツ~オランダへ演奏旅行に出る。旅行中交響曲第4の総譜、パート譜を徹底的に校正した。
wikiSinfonie Nr. 4 in e-Moll op. 98
YouTubeMvt1(1/2)
YouTubeMvt1(2/2)
YouTubeMvt2(1/2)
YouTubeMvt2(2/2)
YouTubeMvt3
YouTubeMvt4:Brams自信の指揮でMeinigen宮廷楽団によって初演された。その後校正されようやく1886年10月Simrock社から出版された
1886 53才 初めてスイスHofstetten bei Bientz(Thun湖)で夏を過ごす。 チェロソナタ第2番
バイオリンソナタ第3番
バイオリンとチェロの協奏曲
ジプシーの歌
バイオリンソナタ第3番
1887 54才 10才の時師事したEdward Marxsenが亡くなる。夏期Hofstetten bei Bientzに滞在。Clara Schumannを訪ねてFrankfurtへ。 wikiDouble Concerto For Violin & Cello In A Minor, Op. 102
YouTubeZweiter Satz
YouTubeDirtter Satz
1888 55才    
1889 56才 “Freeman of Hamburg”と契約。この夏からBad Ischlへ滞在。
トーマス・エジソンの代理人の依頼で「ハンガリー舞曲第1番」を蓄音機に録音した。
Hamburgの名誉市民となる。
 
1890 57才 10月作曲を断念しようと決心して遺書を書き、手稿を整理し始めた。
Bramsの自身に何があったんでしょう。この時期に人生の屈折を見るようなきがします。名誉や地位ではなく人生の本質的な生死に悩み、苦しんだのではないかと思います。そして、7年後に死を迎えることになります。
 
1891 58才 遺言書(案)をSimrock社に送る。 wikiClarinet Trio Op. 114
Clarinet Trio Op. 114YouTube
1892 59才 1月Elisabeth von Herzogenbergが亡くなる。6月姉Eliseが亡くなる。 YouTubeClarinet Quintet Op.115
YouTubemvt1
:クラリネット五重奏曲 (ブラームス)
wikiVier Klavierstucke Op.119
:『4つの小品』
YouTubeVier Klavierstucke Op.119
1893 60才 Hermine Spiesが亡くなる。  
1894 61才 Clara(75才)とJoachimに再会し仲直り。 wikiSonata in F Minor op. 120 no. 1 for Clarinet and Piano:クラリネットソナタ
YouTubeMvt 1
YouTubeMvt 2
YouTubeMvt 3
YouTubeMvt 4
1895 62才 弟Fritz死亡。Billrothが亡くなる。Bülowが亡くなる。Hofstettenへ。  
1896 63才 5/21Claraが亡くなり、BonnのRobertと共に埋葬。Karlsbadへ湯治に出かける。 4ッの厳粛な歌 (Vier ernste Gesänge), Op. 121
Eleven Chorale Preludes for organ, Op. 122
1897 64才 3/26病床につき、4/3Wienで肝臓癌によりWienで逝去  

文中マークは、ウキペディアにある解説です。また
マークは、You Tubeに掲載された曲・動画で、新規タブで表示します。
表の中で緑色の文字はモリパパの個人的な書き込みです。